【開催報告】パシフィックリーダー×沖縄県内企業

2017年8月18日(金)、JICA沖縄は沖縄県の目指す島嶼型技術の海外展開を推進することを目的として、「太平洋島嶼国セミナー」をダブルツリーbyヒルトン那覇首里城にて開催しました。

2017年8月18日

「太平洋島嶼国セミナー」

セミナー会場の様子

株式会社南西環境研究所
取締役 大城政人 様

ワイズグローバルビジョン
株式会社
取締役会長 大嶺光男 様

株式会社グリーンウインド
代表取締役社長 
花城良廣 様

本セミナーは、JICAの「太平洋島嶼国リーダー協力支援プログラム(Pacific LEADS)」の第二陣として来日した太平洋島嶼国10ヵ国の行政官等41名に対して、同地域の開発課題解決に貢献し得る沖縄県内企業の優れた島嶼型技術を紹介するとともに、大洋州への展開に関心のある県内企業と太平洋島嶼国地域との協力関係構築に向けた可能性を探ることを目的に開催しました。

冒頭、JICA沖縄の河崎所長は開会挨拶で、「第6回太平洋・島サミット(PALM6) 沖縄キズナ宣言」において、島嶼国との地理的及び気候上の類似性に基づき、沖縄特有の知見と経験を太平洋島嶼国の開発のために活用することが期待されていることに触れ、今後も積極的に県内企業の海外展開をサポートしていきたいと述べました。
続いて、JICA東南アジア・大洋州部東南アジア第六・大洋州課の若杉課長より、「JICA大洋州事業概況と本邦民と題して、大洋州の概要や大洋州島嶼国に対するJICAの協力内容、民間セクターへの期待について基調講演を行いました。
次に、沖縄県内企業が保有する島嶼型技術の紹介として、JICA中小海外展開支援事業を活用している企業3社に、自社製品をご紹介頂きました。
(株)西環境研究所の大城様は、天然ヤシ繊維で濁水ろ過などを行う「バイオログフィルター」を、ワイズグローバルビジョン(株)大嶺様は「小型海水淡水化装置」を水の浄化の実演と併せて紹介。
(株)グリーンウインドの花城様は、気象条件に左右されず多様な種類の植物を生産できる「底面給水式植物工場」を紹介しました。

最後に、JICA沖縄の阿部次長の「JICA沖縄国際センターは沖縄県と大洋州島嶼国との懸け橋となり、途上国・民間企業・ODAがWin-Win-Winの関係となることを目指していく」という挨拶でセミナーは閉会しました。
本セミナーでは、各企業の発表後、活用例や耐久性など製品の詳細について研修員から質問が相次いだほか、「自国でも有効な技術だ」という声も挙がり、参加した県内企業からは「他社の発表を聞いて良い刺激になった」「企業独自の知恵と技術に感銘を受けた」という感想を頂きました。
2012年より開始したJICAの中小企業海外展開支援事業は、沖縄県内における採択案件が15件を超え、県内企業の海外展開への契機としてご活用頂いています。今回のセミナーを機に、益々本事業が企業の皆様に活用されるようになれば嬉しい限りです。
JICA沖縄は、今後も各種セミナーやイベント開催を予定しています。ご関心のある企業・経済団体・自治体の皆様のご参加をお待ちしております。

時間切れになるほど沢山の
質問が挙がりました

サンプル展示製品に興味深々

TV局の取材に対応する研修員

セミナー後に激励会を開催

日時
2017年8月18日(金)13:30〜15:30
■会場
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
■プログラム
 ・開催挨拶 JICA沖縄国際センター 所長 河崎 充良
 ・基調講演
「JICA大洋州事業概況と本邦民間セクターへの期待」
JICA東南アジア・大洋州部
東南アジア第六・大洋州課 課長 若杉 聡

・沖縄県企業が保有する島嶼型技術の紹介
1.株式会社 南西環境研究所「バイオログフィルター」
取締役 大城 政人 氏
セミナー終了後に激励会を開催
(対象国:サモア 分野:環境)

2.ワイズグローバルビジョン株式会社「小型海水淡水化装置」
取締役会長 大嶺 光雄 氏
(対象国:パプアニューギニア 分野:水の浄化・水処理)

3.株式会社グリーンウインド「底面給水式植物工場」
代表取締役社長 花城 良廣 氏
(対象国:ベトナム 分野:農業)

・閉会挨拶 JICA沖縄国際センター 次長 阿部 裕之


■お問い合わせ
 JICA沖縄国際センター 民間連携担当
 TEL:098-876-6000  E-mail:jicaoic-psp@jica.go.jp