大学生国際協力フィールドスタディプログラム

大学生国際協力フィールドスタディプログラム概要

政府が2012年6月に取りまとめた「グローバル人材育成戦略(グローバル人材育成推進会議による作成)」では、国際的に誇れる大学教育システムの確立や高等教育の国際展開の推進を掲げられていますが、JICAが有する開発途上国における知見と、事業の現場は、グローバル人材に求められる資質を伸ばすには最適の場のひとつです。
本プログラムは、大学生が途上国の国際協力の現場でフィールド調査演習を行うことを通して、国際協力への第一歩を踏み出すきっかけを得ることやグローバルな視点と問題発見・解決能力を身につけることを支援します。

2017年度の募集は行いません。

2016年度 事業の概要と派遣実績

訪問国及び派遣実績 カンボジア20名、ラオス19名の合計39名
事前研修会
  • 日程:2016年12月16日(金)〜12月18日(日) 2泊3日
  • 場所:JICA東京国際センター
  • 内容:
    派遣国概要、JICA事業概要、フィールドインタビューの基礎、現地活動計画作成、渡航オリエンテーション等
現地プログラム
  • 日程:2017年2月19日(日)〜3月5日(日)(全15日間)
  • 訪問先:
    国際協力プロジェクト、関係機関、プロジェクト現場(フィールド)
  • 内容:
    <前半約1週間>国際協力プロジェクト・関係機関でのインタビュー体験
    <後半約1週間>フィールドでの住民等との交流、生活状況に関するインタビューや観察による情報収集体験
事後研修会
  • 日時:2017年3月14日(火)〜16日(木) 2泊3日
  • 場所:JICA東京国際センター
  • 内容:振り返り、レポート発表
自己学習、レポート作成
  • 時期:現地プログラム前後の一時期
  • 方法:レポート作成、プログラム・リーダー等より関連資料を送付
その他 その他詳細は別添の募集要項等をご覧ください。

募集要項・各種様式

問い合わせ先

JICA国内事業部市民参加推進課
E-mail:tatpp@jica.go.jp
平日9:30-12:30 13:30-17:45、土日祝日休み