地域提案型

平成18年度 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.国名ベトナム
2.事業名香川らしい国際協力プロジェクト「ベトナム国ハイフォン市一般行政人材育成プログラム」
3.事業の背景と必要性

ベトナムは1986年に採択されたドイモイ政策のもとで飛躍的な経済成長を達成したが、経済が発展するにつれ、社会主義統制経済を念頭に置いた既存の行政制度が経済成長の制約条件となっている現状があった。このため1990年初頭から、国際機関や各国政府による技術支援を得ながら、抜本的な行政改革に向けた取り組みが進められてきた。

一方、香川県では香川県と地理的環境が似ており、国内・国際の経済交流点として重要な役割を果たしているベトナム第3の海港都市ハイフォン市と、代表団が相互訪問するなどの交流を図ってきた。

こうした背景から友好関係にあるベトナムハイフォン市から、行政分野の研修員の受入、香川県からの専門家派遣を行い、一般行政・行政改革に対する知見を深め、当該分野での人材育成を図ることにした。

4.事業の目的
  • ベトナム行政改革分野の人材育成
  • 研修員受入れ、専門家派遣を通じ、県民との相互理解等増進
5.対象地域ハイフォン市
6.受益者層ハイフォン市の住民
7.活動及び期待される成果平成19年度はハイフォン市から研修員を受入、県庁各課で研修を行い、県の行財政運営の手法や行政改革などについて理解を深める。平成20年度は1年次研修員のフォローアップを兼ねてまず専門家派遣を実施し、現地でワークショップを開催。その後、指導者的立場にある研修員を受入、より具体的、実践的な内容の研修を行う。平成21年度は引続き指導的立場にある研修員を受入、一般行政研修を行う。また専門家派遣を実施し、プログラムの総括を行うとともに今後のフォロー手段について検討する。
8.実施期間平成19年4月〜平成22年3月
9.事業の実施体制(平成19年度)研修員受入れ1名×6ヶ月
(平成20年度)研修員受入れ3名×約1週間、専門家派遣3名×約1週間
(平成21年度)研修員受入れ3名×約1週間、専門家派遣3名×約1週間
II.実施団体の概要
1.団体名(提案自治体)香川県(香川県)
2.対象国との関係、協力実績香川県の日越議員連盟がベトナムを訪問したことをきっかけとして、継続的に相互交流が図られている。