地域提案型

平成24年度 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.国名 ベトナム
2.事業名 キエンザン省における水環境改善のための人材育成プログラム
3.事業の背景と必要性

ベトナム国南部に位置するキエンザン省では、同省が推奨する観光業や工業化の進展により著しい経済発展がなされているが、これらに伴う生活排水や工場排水の増加、さらには、それらの排水が十分な処理をされることなく公共用水域に放流されていることによる水質悪化が顕在化しており、今後の域内産業や住民生活への影響が危惧されているところである。このような状況に、同省としても危機感を募らせており、その解決策として下水道整備計画の作成など、今後の水環境改善に向けた取り組みを進めようとしているが、一方で、計画の実施にあたって必要となる

  • 1)水環境改善に関する経験や知識を有する職員の不足
  • 2)裨益を受ける住民・事業者への広報・啓発活動のノウハウ不足
  • 3)実施のための具体的な計画を有していないなどの課題が明らかとなっている。

などの課題が明らかとなっている。
このため、住民・事業者と協働で、水質汚濁の現状把握、その悪影響について理解を深め、課題解決に取り組むことが出来る行政職員を育成することが急務となっており、キエンザン省側からも神戸市に対して本事業への支援について強く要請されている。

4.プロジェクト目標 下水道を含む水環境改善方策および住民への広報、啓発活動等に関する必要な知識を備えている人材が育成される
5.対象地域 ベトナム国キエンザン省
6.受益者層(人数規模) キエンザン省住民ならびにベトナム国キエンザン省人民委員会 建設局、天然資源環境局、計画投資局職員、フーコック投資開発マネージメントボード、キエンザン省上下水道公社(KIWACO)職員
7.活動及び期待されるアウトプット

キエンザン省内にプロジェクトチーム(10人程度)を組織し、同チームを中心とした技術移転・人材育成を、専門家派遣ならびに神戸への研修受入などにより実施することで以下の成果が期待できる。

  1. プロジェクトチームが水環境改善の必要性を理解し、キエンザン省内における水環境改善計画(案)が作成される。
  2. プロジェクトチームにより、住民の水環境に対する意識調査が行われ、今後の広報・啓発活動の内容決定、さらには住民への適切な水環境に関する教育活動の準備が整う。
  3. 事業の持続性を確保するため、プロジェクトチームにより、本事業の記録がとりまとめられ、人民委員会幹部への報告ならびに提案がなされる。
8.実施期間 2013年5月から2016年3月
9. 事業費概算額 29,628千円
10.事業の実施体制 神戸市、神戸すまいまちづくり公社が連携し、キエンザン省内に新たに組織されるプロジェクトチームを対象とした技術移転・人材育成事業を推進する。
II.応募団体の概要
1.団体名(提案自治体) 一般財団法人 神戸すまいまちづくり公社(神戸市)
2.対象国との関係、協力実績 2011年7月にキエンザン省と締結した「上下水道分野における技術協力に関する覚書」に基づく、政策対話や視察受入などを実施してきているとともに、同省フーコック島における上下水道施設の事業化検討業務(PPP FS調査)を実施しているところである。