草の根パートナー型

平成14年度 採択内定案件

I. 提案事業の概要
1.国名東ティモール
2.事業名コミュニティを基盤としたプライマリ・ヘルスケアの普及促進
3.事業の背景と必要性東ティモールの医療・健康の劣悪な環境を改善するため、プライマリ・ヘルスケアの促進活動を実施してきたが、現地政府よりラウテム県全域へ活動範囲拡大の要請を受けている。
4.事業の目的
  • コミュニティを基盤とした保健・予防システムの再構築
  • 教育による公衆衛生、健康状態の改善
5.対象地域東ティモール民主共和国、ラウテム県
6.受益者層村人、患者
7.活動及び期待される成果<成果>
  • 疾病の予防、罹患率の削減。
  • 社会と健康に対する意識の向上。地域の活性化。女性の社会参加。
  • コミュニティ・ヘルスワーカーの能力形成。ジェンダー・人権意識の向上。
<指標>
  • コミュニティ・ヘルスワーカーの卒業数とフォローアップ後の疾患数。
  • コミュニティ・ヘルスワーカーの存在する村の数と疾患数の割合。
  • 診療件数とその内容。
  • 移送件数とその内容。
  • 薬草園の存在する村の数の統計。
  • 評価活動。
8.実施期間2003年4月〜2006年4月(3年間)
9.事業費第一年次契約金額:18,557千円(精算金額:18,557千円)
第二年次契約金額:18,363千円(精算金額:18,348千円)
第三年次契約金額:13,095千円
10.事業の実施体制 
II. 実施団体の概要
1.団体名AFMET(Alliance of Friends for Medical-care in East-Timor) 東ティモール医療友の会
2.活動内容
  • コミュニティ・ヘルスワーカー(CHW)の養成(調査、教材作成、トレーニング、セミナー、薬草普及など)
  • 子供の体重測定と母親教育
  • 患者の移送と診療活動
  • 医薬品供与
  • 政府結核プログラムへの参加
  • 活動評価、CHWのフォローアップ
3.対象国との関係、協力実績2000年2月より現地にてJICA開発福祉支援事業を実施中であるが、現地の劣悪な医療事情に対処するため、政府保健省よりラウテム県全域において健康に関するトレーニング実施の要請を受けている。