草の根パートナー型

平成17年度第1回 採択内定案件

I. 提案事業の概要
1.国名ペルー
2.事業名障害者自立支援事業
3.事業の背景と必要性ペルー共和国には多数の障害者がいるが、その多くは外出の場がなく、家庭内での閉じこもりを余儀なくされている。障害者(児)は、一般の社会人同様、普通の社会生活を営む権利を有するが、そのための対策が行われておらず、彼らの自立が可能となるような支援策が必要とされている。
4.事業の目的障害者(児)の自立を促進し確立させるため、地域リハビリテーション活動をはじめ、各種支援活動を、過去に行なった草の根協力支援型「ワラル地域保健福祉プロジェクト」での経験を基に実施する。これにより、総合的な「障害者自立支援事業」の確立を図る。
5.対象地域ペルー国首都のリマ市プエブロリブレ区を中心として行う。可能な限り、周辺地域も対象として実施する。
6.受益者層障害者(児)を対象とする。性別、民族、年齢、収入は関係ない。
7.活動及び期待される成果
  1. 障害者の自立対応策として、地域リハビリテーション活動の実施と研修等による家族、住民等の障害者に対する認識の向上、更には閉じこもり障害者の外出場所の確保を図る。また、障害者への職業訓練を実施し、就職の可能性を高める。
  2. 特に障害児を対象として、障害児に最も必要とされる「親離れ」を実現させるとともに、本人を自立させるため、「就職」の可能性を広げることを目的に、日本で行われている「授産所」的施設を設置し、身体機能、社会生活、職業訓練等を実施する。
  3. これらにより、障害者(児)の自立が図られ、障害者の閉じこもりからの開放、障害児の親離れが可能となる。
8.実施期間2006年4月〜2009年3月(3年間)
9.事業費総額50,000千円(予定)
10.事業の実施体制ペルー国リマ市プエブロリブレ区にあるラウニオン協会をカウンターパート団体として実施する(なお、この活動にはペルー日系人協会の支援も得ている)。日本側実施団体は、障害者指導訓練関係の専門家を派遣し、障害者指導に係る技術移転や、「授産施設」運営のノウハウ等に係る指導を行なう。
II. 実施団体の概要
1.団体名ひまわりの会
2.活動内容弱者救済を目的とした保健、福祉、教育、の分野を主体に、過去14年間、海外ボランティア活動を行っている。ペルー国についても直近10年間以上の活動を行っている。