草の根パートナー型

平成21年度第一次補正予算による草の根技術協力事業 緊急経済危機対応−包括型 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.国名ベトナム
2.事業名ベトナム中部の学校を中心としたコミュニティ防災力の向上支援
3.事業の背景と必要性ベトナム中部は、アジアでも有数の自然災害多発地として知られ、急峻な山岳地形と狭隘な平野地形に由来する土砂災害や洪水により暮らしの安全が脅かされている地域である。地域住民や行政、学校関係者は災害に対処することの重要性は認識しているものの、その具体的な手段や取り組み方法がわかりにくいため、また防災が政策の優先課題になることが少ないため防災に手をつけられていない現状である。提案事業が実施されることで学校防災や学校を中心としたコミュニティ防災のノウハウや方法論が対象地域をはじめ周辺の地域にも共有され地域の防災力の向上に役立つことが期待される。
4.プロジェクト目的ダナン市の自然災害多発地であるハイチャウ郡において、学校を中心としたコミュニティの防災力の向上が図られる
5.対象地域ベトナム中部・ダナン市ハイチャウ郡
6.受益者層ダナン市ハイチャウ郡の4つの小中学校の教員および学生と学校周辺の地域住民
7.期待される成果及び活動
  1. ハイチャウ郡の小中学校において、学校レベルでの防災力が向上する。
  2. ハイチャウ郡の小中学校を中心とするコミュニティにおいて、学生による啓蒙活動を通し、コミュニティ防災力の向上を図る。
  3. 活動経験や成果がプロジェクト対象地外でも広く共有される。
8.実施期間2010年3月〜2011年3月まで(1年1ヶ月)
9.事業費18,431千円
10.事業の実施体制
  • 実施団体をSEEDS Asiaとする。
  • カウンターパート機関をダナン工科大学/ダナン大学とする。
  • ベトナム中部各省、県、コミューンレベルの行政機関(役所や普及所)との協力と支援を得る。
  • JICA大阪センター、JICAベトナム事務所、中部地域の他JICAプロジェクトおよび協力隊との連携体制のもとに実施する。
  • 行政機関、援助団体および他NGOと緊密な連携体制を取り、活動経験や成果を迅速に還元する。
II.応募団体の概要
1.団体名SEEDS Asia
2.活動内容主にアジアにおける、住民参加型アプローチをベースとして環境問題の改善や防災ならびに災害救援に関する事業を行っている。