草の根パートナー型

平成22年度第2回 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.対象国名 ベトナム
2.事業名 医療支援ネットワーク構築によるベトナム南部地域への放射線技術シェアーへの取組み
3.事業の背景と必要性 対象となる南部地域内の放射線使用においては、十分に放射線が管理されておらず、患者の被ばく数値が日本の安全基準値の数十倍となる施設もある。これは、南部地域における機材不足や保健医療従事者等の知識不足などの設備や技術の地域格差、情報共有の不足、そして、患者自身の知識不足などに起因する。そのため、地方保健医療従事者の人材育成と並行して、地域医療連携ネットワークを構築し、知識を伝播し、情報の共有などを実施することが早急に望まれている。
4.プロジェクト目標 人材育成が充実し、放射線診断領域の地域連携ネットワークが構築される。
5.対象地域 チョーライ病院他南部地方の病院
6.受益者層
(ターゲットグループ)
直接的裨益者:チョーライ病院を上位医療施設とする病院連携(リファラル・システム)モデル地域の保健医療機関で働く放射線医療従事者
間接的裨益者:モデル地域保健医療機関を利用する可能性がある地域住民
7.期待されるアウトプット及び活動

<成果>

  1. 適切な放射線医療従事人材が育成される。
  2. 放射線医療にかかるインターネット共有システムが強化される。
  3. 放射線医療の安全について地域住民への啓発活動を行う。

<活動>

  1. チョーライ病院と地方小病院で医療従事者に対し、放射線機器安全利用、被ばく低減の研修を行う。
  2. インターネット共有システム内にE-ラーニングシステムなどを導入して、地域全体の医療従事者間での情報共有を活性化し、共有システムを普及させて地域連携を強化する。
  3. 公開講座などを開催し啓発活動を一年に二回行う。パンフレットの配布も同時に行う。
8.実施期間 2012年8月から2017年2月(4年7ヵ月)
9.事業費概算額 18,768千円
10.事業の実施体制

<日本側>
滋賀県放射線技師会

<ベトナム側>
チョーライ病院

II.応募団体の概要
1.団体名 公益社団法人 滋賀県放射線技師会
2.活動内容 保健医療