フォトギャラリー

知的障害児教育の充実を図る。養護学級「しいのみクラス」発足!(中華人民共和国)

  • 事業名:草の根技術協力事業(草の根協力支援型)
  • 案件名:知的障害児教育施設(特殊学級)の設立支援
  • 実施団体:特定非営利活動法人 九州アジア記者クラブ
  • 写真提供:九州アジア記者クラブ
    事業概要はこちら

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】2.【写真2】3.【写真3】4.【写真4】5.【写真5】6.【写真6】7.【写真7】8.【写真8】9.【写真9】
  1. しいのみクラス(しいのみ学園の教育理念のもと、知的障害を持つ児童が楽しい授業を通して社会的自立のために学んでいくクラスのこと。)は、吉林省長春市中心部「解放大路小学校」の中にある。
  2. しいのみクラスの時間割。
  3. 教室には、ケガ防止用マットが至るところに付けられている。
  4. わが子の様子を見守る父兄。開校後、最初の授業が行われた。
  5. 手作りのおもちゃを使って子ども(自閉的傾向があるこども)に話しかける教師。
  6. 棒体操を教えている様子(棒を持って体を動かすといつのまにか子ども達の緊張がほぐれる)。
  7. スクールバスの鍵が、牟校長先生に手渡された。
  8. 障害児童の親たちに、クラスの方針を説明するプロジェクトマネージャー補佐(しいのみ学園園長の昇地氏)。
  9. 昇地氏がしいのみ学園の子ども達を教育する中で生まれた十大教育原理。