フォトギャラリー

消防の発展を目指して(フィジー)

  • 事業名:草の根技術協力事業(地域提案型)  Program Name: JICA Partnership Program
  • 案件名:消防消火・消防救助技術研修 Course Name: Firefighting and Rescuing Training Course
  • 実施団体:松阪地区広域消防組合 Implement Agency: Matsusaka Area Firefighting Association
  • 対象国:フィジー Target Country /Institution: NFA (National Fire Authority, FIJI)
  • 写真提供:松阪地区広域消防組合

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】2.【写真2】3.【写真3】4.【写真4】5.【写真5】6.【写真6】7.【写真7】8.【写真8】9.【写真9】
  1. 国際協力への更なる取り組み、地域の国際化を目指し、平成15年度より草の根技術協力事業を実施しています。フィジー国家消防庁(上記写真)消防官を受け入れて、消防技術研修を実施し、フィジー消防の発展に繋げるのが目標です。 We have been implementing JICA Partnership Program since the fiscal 2003 not only to make more contribution overseas, but to expect local globalization. Our objective is to make further development of NFA through trainings with acceptance of firemen from it (see the above photo).
  2. 研修の最初に、現地の事情・研修への期待等が研修員より発表され、意気込みが伝わってきます。 We can touch both participants’ reports on their current situation, expectations, etc and their eagerness towards our course at the beginning of the course.
  3. 基本的な訓練を通じて、研修員の技能を確認しつつ、指導員とのコミュニケーションを図ります。During basic training, participants start to have good communication with instructors, while their skill is checked.
  4. 研修には体力も必要で、「イーチ」、「ニー」・・・掛け声を出して気合を高めます。 Considerable physical strength is required for hard training. Participants also motivate themselves, counting the number, “ichi (one)” , “ni (two)”,・・・.
  5. 地水利の把握と、いざという時に消火栓が使えるように点検に回ります。 This is also an essential duty for firemen to check fire hydrants and cisterns to see if they are capable in case and to get hold of geographical features and the accurate place of water supply.
  6. 山林での消火訓練。フィジーも山間部が多く、効果的な消火が求められます。 Simulated training against forest fire. Firemen are to choose best effective method with unsatisfactory water since mountains and forests occupy most of the islands.
  7. 訓練塔からのロープ降下訓練。訓練では、技術だけでなく安全管理についても研修します。 Rope-descending on a training tower. Participants learn to acquire technique, even to take care of safety.
  8. 小学校での消防訓練に参加し、災害発生時の指導要領についての視察。 Participation to a disaster training at a primary school and observation of guidelines for the real.
  9. 研修の最後は、学んだ知識・技術をいかにして普及させるか、その手法についての発表。帰国後の活動に期待は高まります。 Announcement is done on each participant’s plan with which he will enlarge his stock of knowledge and technique in the end of the course. We can’t help but to harbor great expectations in their play after return.