フォトギャラリー

生活環境向上を目指し、住民自らの手で道路を作る。(モンゴル)

  • 事業名:草の根技術協力事業(草の根協力支援型)
  • 案件名:バガヌール地区生活環境整備(生活道路の舗装)
  • 実施団体:社団法人 国際建設技術協会
  • 写真提供:国際建設技術協会
    事業概要はこちら

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】2.【写真2】3.【写真3】4.【写真4】5.【写真5】6.【写真6】7.【写真7】8.【写真8】9.【写真9】10.【写真10】11.【写真11】
  1. 「手作り道路」の作り方説明。初めての人でもよく分かるように、石の並べ方を絵で示しました。
  2. 「まず石を並べる時にね・・・」実施団体技術者が住民に説明しています。
  3. 「さぁ、やってみよう」暑さにめっぽう弱いモンゴル人が、暑さを忘れて専念。
  4. 住民総出の取り組み。道路作りへの参加者はのべ500人に上りました。
  5. 夏は22時頃まで明るいモンゴル。日が暮れるまで仕事を続けます。
  6. アスファルト舗装開始。大型機材を使わない初めての「手作りアスファルト道路」です。
  7. 「何してるの?」「何か面白そうだね?」村の子どもたちが珍しそうに、作業現場に集まって来ました。
  8. 夕暮れ時、作業を終えた住民には自然に笑顔が!「機材を片付けて・・・明日もやるぞ!!」
  9. 完成!! 村で初めての舗装道路。役場、病院、市場、学校・・・市街地へのアクセスは今までと比較になりません。
  10. 村長発案の写生大会。村で初めての舗装道路を見ながら・・・想像が膨らみます。
  11. 写生作品。道路を作る人、道路を通る車、将来拡張していく道路、個性溢れる作品が仕上がりました。