フォトギャラリー

収入増を目指して、標高2,000mの高原地帯で野菜を作る。(南アフリカ共和国)

  • 事業名:草の根技術協力事業(草の根協力支援型)
  • 案件名:南アフリカ共和国フリーステート州ツェツェン村農業開発支援事業
  • 実施団体:特定非営利活動法人 B・L・L
  • 写真提供:B・L・L
    事業概要はこちら

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】2.【写真2】3.【写真3】4.【写真4】5.【写真5】6.【写真6】7.【写真7】8.【写真8】9.【写真9】10.【写真10】11.【写真11】12.【写真12】
  1. スプリンクラー用のタンクを設置するための台座の基礎工事を手伝う女性たち。
  2. 貯水池の基盤工事が終わり、いよいよこれから直径約5メートルの本体の工事に取り掛かります。
  3. 土台に引いた円の形に沿って、ブロックを一つずつ積み重ねていきます。
  4. タンクも設置できるようになり、計10台の台座も完成へと近づきました。
  5. 完成した台座に設置されたタンク。いかにも手作りな感じがいい味出してます。
  6. ついに10台の台座が完成!仕事を終えた達成感が背中からヒシヒシと伝わって来ます。
  7. 有機野菜栽培プロジェクトに取り組むべく集まった地域のメンバーと有志の方々。真ん中の茶色のジャケットの男性は、プロジェクトのコンサルタントの一人であるモレフィ・ハレレ氏。冬真っ盛りのこの時期、緑も少なく辺り一面ほとんど茶色です。
  8. 最初1基だった貯水池が3基に増え、スプリンクラーの台座10台も設置された現場の様子。立派な灌漑設備が整って、これから本格的な有機野菜栽培に取り組めそうです。
  9. 現場からは集落が見渡せます。このプロジェクトを通して、一人でも多くの人が有機野菜のよさに気づいてくれることを願っています。
  10. 土地改良後に植えたほうれん草。以前の土地のほうれん草とは大違いの出来栄えです。
  11. いい具合にニンジンが育っています。収穫までにはもう暫くかかりそうです。
  12. こちらはキャベツ。まだまだキャベツには見えないですが、きっと立派なキャベツに育ってくれるでしょう。