フォトギャラリー

ベトナムにおける医療技術支援(放射線の安全な取扱い)の取り組み(ベトナム)

  • 事業名:草の根技術協力事業(草の根協力支援型)
  • 案件名:診療放射線技師の医療技術協力
  • 実施団体:社団法人 滋賀県放射線技師会
  • 写真提供:滋賀県放射線技師会
    事業概要はこちら

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】2.【写真2】3.【写真3】4.【写真4】5.【写真5】6.【写真6】7.【写真7】8.【写真8】9.【写真9】10.【写真10】11.【写真11】12.【写真12】
  1. ベトナムにて事業開始式典と研修会。滋放技から教育講演を含む5演題の発表を行いました。この時の様子はベトナム全土にニュースとして放送されました。
  2. ベトナム・チョーライ病院にて事業内容の打ち合わせ。チョーライ病院側参加者:チョーライ病院院長Dr'Viet氏、国際交流事業担当部長Dr‘Hai 氏。放射線科部長Dr'HOA氏、その他関係者多数。滋賀県放射線技師会側は門前プロジェクトマネージャー含めて8人が参加。
  3. 同じくチョーライ病院にて撮影機器放射線量測定。放射線測定機器の取扱を説明し、目に見えない放射線への理解を促しました。
  4. チョーライ病院にて実習:X線写真の出来映えはどうかな?
  5. ブンジュン県病院へチョーライ病院スタッフと視察。放射線防護が設計上考慮されておらずタイル壁で建築されていました。副院長と意見交換の中で、放射線防護の必要性をチョーライ病院での研修で学んだ旨を話され、事業の醍醐味を感じた一幕。
  6. チョーライ病院にてMRIの研修。ベトナム人研修生は非常に勉強熱心で、行く先々でいろいろと聞いてこられます。
  7. 大津赤十字病院にてCTの技術的活用方法についての研修。
  8. 滋賀医科大学付属病院にてCTの被ばく線量測定実習。その他多くの研修を滋賀医科大学付属病院の協力を得て行いました。
  9. ベトナム保健局副局長Xin氏と放射線防護教育、インフラ整備等の現状を意見交換。
  10. サイクロトロンを用いて放射性医薬品を製造する工場見学(協力:日本メジフィジックス株式会社)。ベトナム人研修生は非常に熱心に説明を聞かれていました。
  11. NGOとして市民フォーラムに参加。外国の方から滋賀県放射線技師会の国際交流活動に対して質問され、応対中・・・
  12. 各関連NGO団体との交流を深め、当会の活動を広報するため、国際交流シンポジウムにシンポジストとして参加しました。