草の根協力支援型

2016年度第1回 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.対象国名 インドネシア
2.事業名 インドネシア中部ジャワ州の幼児教育におけるインクルーシブ教育実践モデル形成事業
3.事業の背景と必要性 インドネシアは近年の急速な経済的発展により教育施策が充実し、学齢期以降のインクルーシブ教育の制度化が始まった。しかし根強い「障害の分離意識」の中で就学前の障害児に対する教育的支援は未整備である。ナショナル・グランドデザインに拠る今後の教育のために就学前インクルージョンは必須である。本事業はCBR-DTCとCERCの協働によりインクルーシブ教育の実践モデルを形成する。この取り組みが実践モデルになり、インクルージョン制度化への先駆けとなることを期待している。
4.プロジェクト目標 カランガニャール県3郡内の6幼稚園において、『インクルーシブ教育実践モデル』が形成される。
5.対象地域 中部ジャワ州カランガニャール県3郡
6.本事業の対象となる人々 幼稚園園長と教師、特別支援学校教師、県・郡の幼児教育担当官、郡の幼児教育監督官、対象幼稚園の園児とその家族、対象村の地域住民、CBR-DTC
7.事業活動と期待される変化 <活動>
1.CBRDTC・CERCによる幼児教育監督官、園長、障害者の家族、特別支援学校教師に対するインクルージョンの仕組み作り(研修会、訪問助言、知識と方法の伝授)
2.CBRDTCによる対象地域における啓発活動(住民集会への参加、広報活動)
3.CBRDTC・CERCによる幼稚園への働きかけ(実践セミナーの開催、Storybook Curriculumの実践支援、指導助言、情報共有)
4.CBRDTC・CERCによる実践マニュアル作成、近隣幼稚園への配布、及び情報共有
<期待される変化>
1.事業対象幼稚園教師(12名)が、インクルーシブ教育の実践技術を身につける。
2.事業対象幼稚園教師(12名)と園長(6名)がトレーナーとして養成され、事業対象外の幼児教育関係者に、インクルーシブ教育実践モデルを広めている。
3.地域住民のインクルーシブ教育の理解が向上する。
4.本事業の「インクルーシブ教育実践モデル」が対象地域内において認められるとともに、情報が事業対象外に広まる。
8.実施期間 2017年3月~2019年4月(2年1か月)
9.事業費概算額 9,946千円
10.事業の実施体制 ・インドネシアCBRDTCより現地担当従事者4名(事業調査員1名、事業ファシリテーター3名)研修時に現地講師若干名。
・日本CERCからは事業管理者兼講師1名を定期的に配置、専門技術移転のために研修講師3名を短期に派遣。
II.提案団体の概要
1.団体名 一般社団法人子ども支援チェルク(CERC)
2.活動内容 子どもの支援事業、教育研修事業、人材育成事業、調査研究事業、国際貢献事業