草の根協力支援型

2016年度第1回 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.対象国名 ネパール民主主義共和国
2.事業名 ネパール国カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6(前ネパール国カスキ郡デタール村)における栄養改善と生活習慣病予防のための活動
3.事業の背景と必要性 中央ネパールのポカラ市西部に位置する対象地域は山岳地帯であり、安全な飲み水が入手困難な地域で、サブヘルスポストを受診する患者の半数以上は急性の下痢症である(2012〜2015カスキ郡調査)。また、本プロジェクトの契機となった草の根技術協力事業「カスキ郡デタール村の生活改善—安全な水の供給推進—(ネパール民主主義共和国)活動年:2012年6月〜2015年3月」内での調査の結果、乳幼児・学童の4割以上が低栄養・栄養失調状態そして相反する生活習慣病を患う住民が急増していることが明らかになった。対象地域での、耕地の集積、農業技術の研究開発・普及は進んでおらず、食品の保存に対する知識が乏しいため、収穫期以外は食糧不足に陥っている。ネパール家庭の伝統的料理であるダル・バート・タルカリという炭水化物が中心の料理を1日2回摂取する食生活から、タンパク質・鉄分・ミネラルが慢性的に不足している。その一方で炭水化物(糖質)を多食することによる中高年の肥満と生活習慣病が深刻化している。住民の下痢症ならびに栄養に関する課題に対しての問題意識は低く、対策が組織的に行われていないことから支援の必要性は高いといえる。
4.プロジェクト目標 マチャプチャレ行政村ワード6(前ネパール国カスキ郡デタール村)でモデル100世帯の住民の栄養状態が改善され生活習慣病の発症率が低減される
5.対象地域 カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6(前ネパール国カスキ郡デタール村)
6.受益者層 カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6(前ネパール国カスキ郡デタール村)、村落開発委員会 (VDC)、マザーグループ、地域住民100世帯
7.活動及び期待されるアウトプット <アウトプット>
1.「栄養改善と生活習慣予防プログラム」を住民へ普及ための指導者が育成される
2.住民が、飲料水の重要性、タンパク質、ビタミンミネラルの慢性的不足、塩分、脂質、糖質の慢性的過剰摂取がもたらす健康被害について理解する
3.栄養改善・生活習慣病予防のための食生活の改善に向けて行動する
4.住民からのプロジェクト内容や維持に関する課題や成果報告が、各種指導者へフィードバックされ、改善策が提案される体制が長期的に継続する
<活動>
1-1 「水管理組織」「健康・栄養管理組織」を創生し、「栄養改善と生活習慣予防プログラム」を住民へ普及活動するための指導者育成を行う
2-1 「水管理組織」「健康・栄養管理組織」と日本人専門家が協働して、「栄養改善と生活習慣病予防プログラム」を指導者に研修する
2-2 指導者が自発的に本プログラムの普及活動を各コミュニティー・家族へ実施する
3-1 日本人専門家が、炭水化物、糖質、脂質、塩分を減らすレシピや方法の研修、乾燥野菜・乾燥果物の作成と保存に関する調理実習を含めた研修を指導者へ行う
3-2 指導者は、主体的に家族とコミュニティーへ知識を実践に移すための研修を実施する
4-1 ベースライン調査(水の調査・栄養知識調査・食生活実態調査・住民健康調査)をモデル100世帯に実施
4-2 調査の結果を公表し、活動に対する意見交換や住民のニーズを受け取り、各指導者組織へフィードバックする
4-3 1年後に同様に最終調査を行い、調査結果の公表、フィードバックを行う
8.実施期間 2017年9月〜2019年8月(1年11ヶ月)
9.事業費概算額 10,653千円
10.事業の実施体制 カウンターパート:Community, Rural and Women Development Service(CRWODS Nepal)
ネパール側関係団体:カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6村落開発委員会(Village Development Committee/VDC)、学校運営委員会(School Management Committee/SMC)、水管理委員会(Water Management Committee/WMC)、カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6女性コミュニティーヘルスボランティア(Female Community Health Volunteer/FCHV)、カスキ郡マチャプチャレ行政村ワード6マザーグループ
・草の根支援型「カスキ郡デタール村の生活改善−安全な水の供給推進−」事業(2012年6月〜2015年3月実施)で育成された住民間指導者と協同してプロジェクトを実施する。
II.応募団体の概要
1.団体名 学校法人森ノ宮医療学園 森ノ宮医療大学
2.対象国との関係、協力実績 草の根技術協力事業(草の根協力支援型)案件名「カスキ郡デタール村の生活改善−安全な水の供給推進−神戸常磐大学(ネパール民主主義共和国)活動年:2012年6月〜2015年3月