草の根協力支援型

平成22年度 採択内定案件

I.提案事業の概要
1.対象国名ベトナム
2.事業名プラスチック加工技術者養成事業
3.事業の背景と必要性ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)では、中小企業の発展は持続可能な経済成長のための重要課題として認識されている。また、工業国化の牽引役である外資組立企業に対して高品質且つ低価格の部品を安定して提供できる裾野産業の育成も急務になっている。その中で、プラスチック加工製品製造産業は、重要な裾野産業の一つである。現在、ベトナムでのプラスチック加工製品は、ポリ袋に代表される付加価値の少ない家庭用途が主体である。今後、中国、韓国、台湾等の競合国と対抗するには、より付加価値の高い製品加工技術が必要となる。そのためには、工場で中心となる技術者の養成が急務である。
4.プロジェクト目標プラスチック加工の基礎・応用技術の知識・技能を持つ技術者を有する企業数と問題解決事例を知っている企業数が増加する
5.対象地域ホーチミン市を中心とした地域
6.受益者層(ターゲットグループ)プラスチック企業技術者、プラスチック技術者リーダーを志す大学生、大学院生、大学関係者
7.期待される成果及び活動

<成果>

  1. プラスチック加工技術者の知識・技術を習得する
  2. プラスチック加工企業での技術的課題の解決事例が共有される

<活動>

  • 1-1. セミナーの計画立案
  • 1-2. ホーチミン市投資貿易促進センター、ベトナムプラスチック協会等との連携による受講生の募集、選定
  • 1-3. プラスチック加工の基本・応用技術を習得するための集中セミナー実施
  • 2-1. 対象企業選定のための調査、選定
  • 2-2. 対象企業における企業診断、実地指導
  • 2-3. 実施指導の適用状況のモニタリング・評価
  • 2-4. 本活動に関する解決事例報告書の作成と結果の共有
8.実施期間2011年10月〜2014年9月(3年)
9.事業費概算額9,997千円
10.事業の実施体制ホーチミン市投資貿易促進センターを相手国実施機関とし、ベトナムプラスチック協会、ホーチミンのビジネススクールと協力して事業を実施する。
II.応募団体の概要
1.団体名特定非営利活動法人 アジア技術協力ネットワーク(ATCN)
2.活動内容ベトナムをはじめとする中国、韓国、台湾、タイ、インドネシア等アジア諸国とプラスチック技術を中心に、技術交流や技術支援を行っている。