地域経済活性化特別枠

草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)事業概要

I.提案事業の概要
1.国名 メキシコ
2.事業名 メキシコ市における下水処理改善プロジェクト
3.事業の背景と必要性 メキシコ市は地下水の過剰な汲み上げが原因で、地盤沈下が深刻化しており、地下水に代わる水源として、下水処理水の重要性が増してきている。これを受け、メキシコ市では今後下水処理量が増加していく予定であり、名古屋市として、より安定した高い品質の下水処理水を産み出す技術・ノウハウを習得するための技術協力を行っていくものである。
4.プロジェクト目標 メキシコ市による下水処理全般が、効率的かつ効果的に実施される。
5.対象地域 メキシコ市
6.受益者層 メキシコ市上下水道局下水処理関連部門の職員
7.活動及び期待されるアウトプット <アウトプット>
1. モデル下水処理場の技術者が効率的な運転管理を行う技術を習得
2. 水環境に対する市民の意識が向上
<活動>
1-1 メキシコ市に名古屋市に名古屋市の技術者を派遣し、メキシコ市のモデル下水処理場における技術的問題の指導を行う。
1-2 メキシコ市上下水道局の技術者に対し、1-1にて把握された問題に対応する研修を日本で実施する。
1-3 メキシコ市上下水道局の技術者に対して、中部地域の企業の技術紹介を行う機会を提供する。
1-4 1-1〜3を通じて作成されたアクションプランを実施する。
2-1 メキシコ市に名古屋市の技術者を派遣し、メキシコ市の下水処理場の市民への公開・見学等に参加し、市民への啓発に協力する。
2-2 メキシコ市上下水道局の技術者に対し、水環境の改善に関する名古屋市の取組を紹介するとともに、名古屋市民との交流を行う。
2-3 2-1〜2を通じて作成されたアクションプランを実施する。
8.実施期間 2015年1月〜2017年3月
9. 事業費概算額 37,337千円
10.事業の実施体制 提案自治体:名古屋市
実施機関:名古屋市上下水道局
II.応募団体の概要
1. 団体名
(提案自治体)
名古屋市
2. 対象国との関係、協力実績 姉妹都市関係にあり、JICA草の根技術協力事業としては、平成17〜22年度に「メキシコ水道における水質管理」プロジェクト、平成23〜25年度に「メキシコシティの下水道事業改善」プロジェクトを実施