地域経済活性化特別枠

草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)事業概要

I.提案事業の概要
1.国名 ミャンマー
2.事業名 ミャンマーにおける伝統薬品の品質改善を通したプライマリーヘルスケア向上事業
3.事業の背景と必要性 ミャンマーでは現在まで伝統医療政策が未熟であったため、医薬品としての品質の確保についての指針が確立しておらず、偽薬や品質の粗悪な医薬品が出回るなどの問題があり、医薬品の品質確保対策が重要な課題となっている。これまで薬用植物20種類から成るミャンマー生薬局方が作成されたが、更に多くの種類の規格基準を確立する必要がある。
4.プロジェクト目標 ミャンマーにおける伝統医薬品の品質改善を通じ、配置薬システムが強化される
5.対象地域 ミャンマー
6.受益者層
(人数規模)
約6,242万人(ミャンマー全国民)
7.活動及び期待されるアウトプット <アウトプット>
1.「総則・一般試験法」を含むミャンマー生薬局方が作成される。
2.伝統医薬品の品質確保対策に関する企画立案・実行できる人材が育成される。
3.ミャンマーにおける配置薬システムの普及および改善が促進される。
<活動>
1.ミャンマー生薬局方に新たに収載する伝統医薬品について、現地の設備機器を用いた試験方法により評価し、その基準を確立する。
2.富山大学において、伝統医薬品の試験方法等の技術指導を実施するとともに、現地でも継続的な技術支援を行い、関係機関との連携体制を強化する。
3.ミャンマーの配置薬システムに関する現状を調査するとともに、研修会やシンポジウムの開催を通して、配置薬システムの改善案を提言する。
8.実施期間 2014年7月から2017年3月
9.事業費概算額 29,174千円
10.事業の実施体制 日本側:富山大学、ミャンマー側:ミャンマー保健省
II.応募団体の概要
1.団体名
(提案自治体)
提案自治体:富山県
実施団体:富山大学
2.対象国との関係、協力実績 ・富山県は、2011年にミャンマー政府研究者を含む世界21カ国から参加があった「薬用植物保護に関するWHO専門家会議」を誘致・開催するなど、伝統医薬品の振興を積極的に行っている。
・富山大学では2002〜2009年にかけて、JICA事業(技術協力プロジェクト)を通じて専門家を派遣し、伝統医薬品に関する技術指導を行うと共に、若手研究者3名を研修員として受け入れ伝統医薬品の調剤技術研修を行った。
・2011年には、同国保健省の研究者2名を受け入れた技術研修を実施し、20種類の薬用植物の品質基準を収載したミャンマー生薬局方を作成した。