地域経済活性化特別枠

草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)事業概要

I.提案事業の概要
1.国名 フィリピン
2.事業名 埼玉・セブものづくり人材育成事業
3.事業の背景と必要性 フィリピンでは増え続ける労働人口に雇用を創出し、包括的な成長を実現するためにも、製造業の育成が急務となっている。環境に配慮し、安全安心を徹底する日本の「ものづくり」の考え方の普及を通じ、現地との産学官連携による人材育成をすることによって、問題やノウハウを共有し、地域一丸となった人材育成への取組を根付かせる必要がある。
4.プロジェクト目標 日本のものづくりに理解をもった学生が、県内企業を中心に日本製造業に就職し、その企業を支える中核人材となる。さらに県内企業とセブ州の間でビジネス交流が開始される。
5.対象地域 セブ州
6.受益者層
(人数規模)
セブ州内大学生400名、セブ州内大学教員6名の育成
7.活動及び期待されるアウトプット <アウトプット>
1.日本のものづくりの考え方を理解したエンジニアを育成する
2.日本のものづくりを継続的に指導できる大学教員を育成する
3.埼玉とセブの産学官ネットワークを構築し、経済交流を活発にする
<活動>
1-1 県内大学教員・企業関係者・専門家等講師派遣と、実習等を組み合わせた産業人材育成プログラムの実施
2-1 現地大学教員用プログラムの実施と日本研修
3-1 埼玉・セブ産学官ネットワーク会議の開催、県内企業就職説明会の実施
8.実施期間 2013年11月〜2016年3月
9.事業費概算額 59,994千円
10.事業の実施体制 日本:埼玉県
フィリピン:サン・ホセ・レコレトス大学
II.応募団体の概要
1.団体名
(提案自治体)
埼玉県
2.対象国との関係、協力実績 現地大学教員研修受け入れ(2012年9月)
マンダウエ市長訪問団視察・埼玉県知事表敬受け入れ(2012年11月)
埼玉県職員のセブ州知事表敬(2013年3月)