地域経済活性化特別枠

草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)事業概要

I.提案事業の概要
1.国名 ベトナム
2.事業名 ハイフォン市製造業の技術力・経営力向上ノウハウ移転プログラム
3.事業の背景と必要性 ベトナム北部最大の港湾都市ハイフォン市は、ベトナム北部の物流や工業の中心地として、重要な役割を担っていることから工業化を推進している。しかし、地域企業の多くは、製造技術および工場経営力に問題があり、主な部品の多くを輸入に依存している状況にある。ベトナムの工業化を推進するためには、裾野産業の育成が必須であり、ものづくり北九州市のノウハウを活用して、製造技術及び経営力の向上を図る。
4.プロジェクト目標 ハイフォン市が地元製造業の技術力及び経営力を向上させるためのさまざまなノウハウを習得する
5.対象地域 ハイフォン市
6.受益者層 ハイフォン市の製造業(約3000社)
7.活動及び期待されるアウトプット

<アウトプット>
1.ニーズの明確化と事業の詳細設計
2.「経営管理」が講義できる教員の育成とシラバスの作成
3.「工場診断」「長期指導」を実施することができる専門家の育成とマニュアルの作成
4.地域経済を牽引する「リーダー企業」の育成
5.「技術交流会・セミナーの開催」「常設展示場の設置運営」を担うことができる専門家の育成とマニュアルの作成

<活動>
1.実態調査
2.経営管理に関する人材育成としくみづくり
3.工場診断及び長期指導
4.リーダー企業研修
5.企業間交流による技術移転

8.実施期間 2013年11月〜2016年3月
9. 事業費概算額 39,388千円
10.事業の実施体制 日本側:公益財団法人北九州国際技術協力協会
ベトナム側:ハイフォン人民委員会 商工局
II.応募団体の概要
1.団体名
(提案自治体)
北九州市
2.対象国との関係、協力実績 2009年4月、ハイフォン市と友好・協力協定締結
2011年度〜2013年度、草の根技術協力事業(地域提案型)実施