ゆうちょアイデア貯金箱コンクールからJICA基金へ寄附!

2017年12月21日

株式会社ゆうちょ銀行が開催する「第42回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」を通じて、同行より「世界の人びとのためのJICA基金(以下JICA基金)」へ3,488,420円のご寄附がありました。2017年12月21日、ゆうちょ銀行本社にて寄附金贈呈式が行われ、JICA国内事業部部長が謝辞を伝えました。

ゆうちょ銀行がCSR活動の一環として実施する「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」では、全国の小学生が作製した手作り貯金箱1点につき10円が当機構と(公財)日本ユニセフ協会、(公財)ジョイセフに寄附されます。今年で42回目を迎えるこのコンクールは、1975年開始と長い歴史を持っており、毎年、全国から多くの小学生が参加しています。今年は11,026校から770,084点の応募があり、子どもたちの創造力あふれる素晴らしい作品が集まりました。今後、入賞作品(240点)は全国7か所の会場で展示される予定です。

ゆうちょ銀行からは、上記コンクールに加え、ゆうちょボランティア貯金、JP BANKカードからも毎年ご寄附いただいております。同行よりJICA基金に寄せられた寄附金は、「世界の人びとのためのJICA基金」活用事業として、NGO等による開発途上国の人々に直接届く活動のために役立てています。今後もゆうちょ銀行と連携しながら、寄附金の効果的な活用に努めてまいります。

【画像】