NGO-JICA協議会 実施要項

平成20年9月25日承認
NGO-JICA協議会
NGO-JBIC協議会(JBICは海外経済協力業務)

1.目的

NGOとJICAは、「NGO-JICA協議会」(以下、「協議会」という。)を設置し、対話を通じてJICAの業務の透明性・説明責任の向上を図り相互理解を深めるとともに、対等なパートナーシップに基づく連携による国際協力活動を実践していくことにより、国際協力の質の向上を図る。

2.開催

1)頻度:原則年4回

2)開催地:原則東京開催とし、JICAが有するTV会議システムを利用し、東京以外の在住者の参加機会の確保に努める。東京以外での開催については各地域の要望に応じて開催することができる。

3)次第構成:議題を「報告事項」と「協議事項」に分けて構成する。

4)司会: NGOとJICA双方のコーディネーターが交互に担当する。

3.参加者

1)対象となる参加者:協議会の趣旨に賛同するNGO等団体、個人およびJICA関係者。

2)参加手順:事前申し込み制

4.運営

1)協議会コーディネーター会議:
協議会の運営は、NGOとJICA双方のコーディネーターで構成される協議会コーディネーター会議が行う。

2)協議会事務局:
協議会事務局は、公募によって選定し、協議会コーディネーター会議からの指示の下に、協議会運営にかかる各種支援業務を行う。

5.議題

1)議題範囲は、JICAが担当する業務に関する事柄、NGO等との連携に関する事柄とする。

2)議題は、NGOとJICA双方のコーディネーターが議題案の募集をそれぞれ行い、協議会コーディネーター会議にて決定する。

6.情報公開

1)協議会開催の都度、発言者名とともに逐語で議事録を作成する。

2)議事録および配布資料は、協議会のホームページ上で公開する。

7.分科会

1)協議会は、専門的、集中的に検討すべき議題が生じた場合、分科会を設置できる。

2)分科会の設置は、協議会コーディネーター会議にて別途設ける設置基準にそって調整のうえ、協議会の場で決定する。

3)分科会の成果は、協議会の場で報告する。

(2)協議会の運営に関わる事項の変更もしくは追加については、その都度NGOとJICA双方で協議のうえ、これを行うこととする。

8.附則

1)この要項は、平成20年10月1日より施行する。

2)この要項の変更もしくは追加については、その都度本協議会で協議のうえ、これを行うこととする。

以上