協力の現場を見る 中南米

天使のプロジェクト 中米カリブ地域/看護基礎教育・継続教育強化プロジェクト(エルサルバドル共和国)

【写真】 1992年まで12年にわたる内戦によって、多くのものを失ったエルサルバドル。保健・医療体制は大きく遅れをとり、特に看護教育の質の向上や看護師の知識や技術の向上が大きな課題となり、1997年からJICAは看護教育の強化プロジェクトを続けている。

紹介プロジェクト

  • 中米カリブ地域/看護基礎教育・継続教育強化プロジェクト

ペルーで野球!!日本の元プロ野球選手が子供たちへ野球教室

【画像】

南米で初めて日本人の集団移住を受け入れた国、ペルーの日系社会と日本をつなぐ架け橋となってきた「ペルー日系人協会」が、2017年に設立100周年を迎えた。
これを記念して開かれたJICA野球教室に、読売巨人軍元監督の原辰徳さんをはじめ、駒田徳広さん、宮本和知さん、西山秀二さん、久保文雄さんら元プロ野球選手5人が講師として参加。
日系人や現地の子供たち約130人に向けて野球指導を行った。
その他、シニア海外ボランティアの活動や、防災大国日本の知見・経験を活かした防災協力事業など、さまざまな国際協力の現場を目の当たりにし、両国の固い絆に触れた。