協力の現場を見る アジア

アフガニスタン JICAの取り組み 平和の定着のために(アフガ二スタン・イスラム共和国)

【画像】

アフガニスタンでは、20数年に亘る紛争による経済社会インフラの崩壊により、多くの国民が未だ貧困ライン以下の生活を余儀なくされている。そのような中で、JICAは主要産業であり、最大の雇用を抱える農業と農村開発分野。教育及び保健・医療等の基礎生活分野。そして、紛争によって破壊された道路などのインフラ改修整備。これら3つの分野を中心に支援を行っている。

紹介プロジェクト

  • ナンガルハール稲作農業改善プロジェクト(技術協力)
  • 道路維持管理システムの構築及び人材育成プロジェクト(技術協力)
  • 結核対策プロジェクト(技術協力)

グローバル・パワーとしての台頭−インド発展を支える協力とは−(インド)

【画像】

インドは現在、順調な社会経済発展により、都市部住民の中間層を中心に所得の向上が見られるが、人口の7割を占める農村住民については発展の効果は見られず、両者の経済格差が拡大している。政府は人口の26.1%にのぼる貧困層への対応として、農村開発及び貧困対策に関する政策に重点を置いている。

紹介プロジェクト

  • 養蚕普及強化計画プロジェクト(技術協力)
  • 住民参加型でのチリカ湖環境保全と自然資源の持続的利用計画プロジェクト(技術協力)

女性企業家 オーラルヒストリー カンボジア編

【画像】

JICAは日本センター事業や一村一品プロジェクト等を通じ、現地女性ビジネス関係者のスキルアップや交流機会の増大、女性による起業や商品開発等を支援してきています。これら協力で培った、途上国の女性による社会進出・地位向上に資する取組の経験と人的ネットワークを活用し、関係各国の女性企業家へのインタビューを実施し、その結果を「女性企業家オーラルヒストリー集」として、取りまとめました。

平和構築に向けた絆−カンボジア地雷対策センターの改革・成長と南南協力の軌跡−(カンボジア)

【画像】

JICAが長年支援してきたカンボジアの地雷除去機関のCMAC(カンボジア地雷対策センター)。組織運営に関する知識を吸収し、また実地での地雷除去技術を高め、今はラオスやアンゴラなど、他国の地雷除去機関にも研修を行っています。日本とともに歩み続けたCMACの活動が、今後どのように展開していくのか?現場からの報告です。

JICA President TANAKA-Visits Vietnam and Cambodia 2014

【画像】

2014年2月、JICA田中明彦理事長が、ベトナム・カンボジアを訪問。ベトナム南部ホーチミンからカンボジアの首都プノンペンまで、陸路で南部経済回廊を走破した。ホーチミンでのチョーライ病院や東西ハイウエイ。カンボジアでのネアックルン橋やカンボジア日本人材開発センターなどの視察の様子とフンセン首相との会談を紹介する。

Kiroroふたたび 13年後のキルギス訪問記−2017−

【画像】

日本と中央アジア・キルギスとの国交樹立25周年を記念し、「Best Friend(ベストフレンド)」などのヒット曲で知られ、キルギスでも人気の日本の音楽グループKiroro(キロロ)の2人が11月、キルギスを訪問しました。JICAがキルギスでのビジネス人材の育成に向け設立したキルギス・日本人材開発センター主催の音楽祭に参加したほか、JICAによる一村一品の取り組みや青年海外協力隊の活動などを視察しました。
Kiroroの玉城千春さんと金城綾乃さんは、訪問を通じ、JICA事業や音楽で深まった両国の絆を確認し、その絆をさらに確かなものにしました。

女性企業家 オーラルヒストリー キルギス編

【画像】

JICAは日本センター事業や一村一品プロジェクト等を通じ、現地女性ビジネス関係者のスキルアップや交流機会の増大、女性による起業や商品開発等を支援してきています。これら協力で培った、途上国の女性による社会進出・地位向上に資する取組の経験と人的ネットワークを活用し、関係各国の女性企業家へのインタビューを実施し、その結果を「女性企業家オーラルヒストリー集」として、取りまとめました。

タジキスタン共和国 JICAの取り組み−経済成長の基盤作りのために

【画像】

ソ連からの独立後、内戦を乗り越えて政治的に安定してきたタジキスタン。ハトロン州母子保健システム改善プロジェクト、アフガニスタンとタジキスタン国境の山岳地ゴルノバダフシャン自治州における農村開発プロジェクトを通して、JICAが行う持続的な経済と社会発展が可能な国づくりの支援を紹介する。

紹介プロジェクト

  • ハトロン州母子保健システム改善プロジェクト
  • アフガニスタン・タジキスタン国境バダフシャーン地域における農村開発プロジェクト
  • 第二次ハトロン州ハマドニ地区給水改善計画
  • 営農指導体制向上プロジェクト
  • 第二次クルガンチュベ-ドゥスティ間道路改修計画

中国の人々とともに 草の根技術協力事業(中華人民共和国)

【画像】

よりよい環境と生活に向けて 環境編(10分24秒)
子供たちの未来を! 教育編(10分10秒)

日本と中国の相互理解を深め、中国の抱える問題解決に貢献する活動として行われているJICAの草の根技術協力事業。中国各地で行われているこの協力の中から、環境編として山西省大同での森林再生プロジェクト。寧夏回族自治区銀川での汚水・汚泥処理と家畜糞尿有効利用のプロジェクトをとりあげる。さらに教育編では、河北省秦皇島市で行われている自閉症児教育の教員養成プロジェクトと雲南省建水での衛生環境改善のプロジェクトでのきめの細かいの活動の様子を紹介する。

紹介プロジェクト

草の根技術協力事業

環境編
  • 太行山地区における多様性のある森林再生事業(パートナー型)
  • 寧夏回族自治区農村部等での汚水処理・汚泥・家畜糞尿有効活用(地域提案型)
教育編
  • 河北省における自閉症児教育教員養成支援プロジェクト(支援型)
  • 雲南少数民族地域での学校を中心とした健康・環境衛生改善プロジェクト(支援型)

レッド・ドラゴンとの熱き闘い−築け緑の長城を−(中華人民共和国)

【画像】

アラシャン盟では過度な放牧、特に商品価値の高いカシミアを採取するためのヤギの放牧によって、草原の退化と砂漠の拡大が加速され、環境が著しく破壊されている。これによって黄砂の発生回数が増え、遊牧民の生活に大きな打撃を与えている。

紹介プロジェクト

  • 中国内モンゴル自治区アラシャン盟における砂漠化防止のための種子採種事業の確立と環境教育のモデル事業(草の根技術協力・支援型)

よみがえれ!緑の山−森林再生へ人々の新たな挑戦−(中華人民共和国)

【画像】

長江の上流に位置する安寧河流域は、森林資源の過度の伐採及びその他の人為的活動により著しい影響を受けた。この結果森林植生の劣化と同時に水土流失が深刻化しており、頻発している洪水被害の一因となっている。

紹介プロジェクト

  • 四川省森林造成モデル計画プロジェクト(技術協力)

JICA President TANAKA Visits the Philippines 2014

【画像】

2013年11月8日、台風ヨランダにより甚大な被害を受けたフィリピンに、日本は国際緊急援助隊を派遣した。2014年2月、JICA田中明彦理事長がレイテ島の被災地を視察した際の映像をまとめた。

JICAオフィシャルサポーター 高橋尚子さん−「幸せの国」ブータンを訪問−

【画像】

2017年1月 JICAオフィシャルサポーター(なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバー)の高橋尚子さんが、ブータンを訪問。ヒマラヤ山脈の南、中国とインドに挟まれた国ブータン。今回高橋さんは、トブゲー首相、ブータン王立研究所カルマ・ウラ所長と面談し、青年海外協力隊が技術指導を行う現場を訪問。そして、「ダショー西岡」と呼ばれるブータンで最も有名な日本人の軌跡を追った。

北澤豪さんが見た等身大のミャンマー − この国は温かい人が支えている

【画像】

2017年1月、JICAオフィシャルサポーター(なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバー)の北澤豪さんが、ミャンマーを訪問。
2011年の民政移管以降、ダイナミックに発展を続けるミャンマーは、「最後のフロンティア」として、日本の経済界からも熱い視線が注がれている。今回北澤さんは、変化の真最中にあるこの国の人々と、現地の人々を支える日本人の活動現場を訪れた。

女性企業家 オーラルヒストリー ミャンマー編

【画像】

JICAは日本センター事業や一村一品プロジェクト等を通じ、現地女性ビジネス関係者のスキルアップや交流機会の増大、女性による起業や商品開発等を支援してきています。これら協力で培った、途上国の女性による社会進出・地位向上に資する取組の経験と人的ネットワークを活用し、関係各国の女性企業家へのインタビューを実施し、その結果を「女性企業家オーラルヒストリー集」として、取りまとめました。

高橋尚子 in ミャンマー

【画像】

JICAオフィシャルサポーター高橋尚子さんが、2012年1月にミャンマーを訪問。現地体育学校でのランニングクリニックの開催や、マラソンナショナルチームとの交流を行った。同時にJICAの技術協力・無償資金協力などのプロジェクト訪問時の様子を紹介する。

紹介プロジェクト

  • 社会福祉行政官育成プロジェクトフェーズII
  • 小規模養殖普及による住民の生計向上事業
  • リハビリテーション強化プロジェクト
  • 中央乾燥地村落給水技術プロジェクト