協力の現場を見る 欧州

アジアとヨーロッパを結ぶ夢の海峡横断鉄道
トルコ ボスポラス海峡横断地下鉄整備事業(トルコ共和国)

【写真】 イスタンブールは、アジアとヨーロッパをつなぐ交通の要衝に位置し、トルコの商業・貿易活動の中心として人口約1,000万人を擁する大都市である。市内の交通手段には、道路、鉄道、フェリーがあるが、輸送量の92%を道路交通が占めており、昨今の自動車数の増加に伴い都市中心部では慢性的な交通渋滞が生じている。さらに交通渋滞時の排気ガス等による大気汚染も問題となっている。

紹介プロジェクト

  • ボスポラス海峡横断地下鉄整備事業(円借款)
  • 第2ボスポラス橋・高速道路建設事業(円借款)

平和の定着・民族の和解に向けて日本政府とJICAの取り組み(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

【写真】 2016年、日本と国交樹立20周年を迎えたボスニア・ヘルツェゴビナ。1992年から約3年間続いた民族紛争によって 多くの人々が犠牲となった。
南部の街モスタルは民族間の対立が激しかった地域のひとつ。サッカー元日本代表の宮本恒靖さんは、ここモスタルで、異なる民族の子供たちがともにサッカーなどを学べるスポーツアカデミー「マリモスト」の設立に取り組んでいる。
また、JICAは、紛争後、民族毎に異なるカリキュラムで教育が行われている状況を受け、民族共通の保健体育カリキュラム作成する支援を行っている。さらに、モスタル市スポーツ協会の能力強化を目的とした技術協力を開始する。