中小企業の海外展開支援をオールジャパンで支援

−外務省、経済産業省等との共催による中小企業海外展開支援の説明会を開催−

2013年3月22日

国際協力機構(JICA)は、外務省、経済産業省、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、独立行政法人中小企業基盤整備機構と共催で、わが国中小企業の海外展開を支援するための事業説明会を3月26日から4月末にかけて全国30ヵ所以上で開催します。

中小企業の海外展開支援については、2011年6月に日本政府が発表した「中小企業海外展開支援大綱」が昨年3月に改訂された際に、オールジャパンでの支援体制を強化することがうたわれ、JICAも同大綱の正式な構成員として位置づけられました。

今回の説明会は、こうしたオールジャパンでの支援体制の強化の一環として、関係省庁・機関の協力により実現しました。説明会では、各省庁・機関の支援メニューについての説明のほか、一部の会場では外務省の平成24年度ODAを活用した中小企業等の海外展開支援事業を受託した企業によるプレゼンテーションなどが行われる予定です。

平成25年のJICA事業は、3月15日公示の協力準備調査(BOPビジネス連携促進)に続き、5月上旬に新規事業となる民間提案型普及・実証事業の公示を開始する予定であり、今回の説明会において、各事業のより詳細な説明が行われる予定です。

JICAは、こうした枠組みの下で与えられた役割を果たすべく、今後も関係省庁・機関とも協力しながら、開発途上国の開発課題解決への取組とわが国中小企業の持つ優れた製品や技術を活かした海外事業展開の推進への取り組み、より効果的な援助を目指して活動していきます。