グアテマラ共和国向け円借款契約の調印

−内戦の影響を受けた貧困地域の道路整備支援を通じ、地域経済活性化・貧困削減に貢献−

2012年11月6日

国際協力機構(JICA)は、11月6日、グアテマラ共和国の首都グアテマラシティーにて、同国政府との間で「和平地域道路整備事業(II)」を対象として、99億3,900万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。

調印式の様子

本事業は、1960年から1996年まで続いた内戦による影響の特に大きかった和平地域(ZONAPAZ)(注)において道路を整備するものです。同地域における輸送力の強化および経済・社会サービスへのアクセス改善を図り、生活水準向上、地域経済活性化、および地域間格差是正に寄与することを目的としています。

グアテマラは中米で最大となる人口(約1,400万人)およびGDP(約469億ドル)を有する国ですが、人間開発指数は187か国中131位と中南米地域でハイチに次いで低い状況です。また、和平地域においては、貧困率が約68パーセントであり、全国平均の約54パーセントを大きく上回っていますが、その要因の一つとして指摘されるのが、主要輸送手段である道路整備の遅れです。和平地域の多くは、降雨の多い山岳地域に位置し、そこでは雨期には未舗装道路は通行不能になることなどにより、地域住民の農業生産物の出荷のための近隣市場、雇用機会、さらには保健・教育施設へのアクセスを困難にしています。

本事業は、和平地域の中でもとりわけ人口が多く、貧困の度合いも高いキチェ県とアルタ・ベラパス県において、主要都市および主要幹線道路へとつながる2区間(計約181キロメートル)の道路整備を行うものです。これにより、和平地域における近隣市場・雇用機会・社会サービスへのアクセス改善が図られ、地域経済活性化や貧困削減に大きく寄与することが期待されています。

JICAはこれまで2件の円借款(「地方道路整備事業」および「和平地域道路整備事業」)により、和平地域を東西に結ぶ主要幹線道路である国道7号線の整備を支援しています。本事業により整備される道路はこの国道7号線と連結することで、和平地域内外での物流の一層の促進といった相乗効果を発揮することが期待されます。JICAは、今後とも、「持続的開発」という日本政府の対グアテマラ援助重点分野に資する協力に資金協力、技術協力を連携させ取り組む方針です。

(参考)
1. 借款金額および条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
和平地域道路整備事業(II) 9,939 1.4 0.01 25 7 一般アンタイド

2. 事業実施機関
通信・インフラ・住宅省 道路局(Dirección General de Caminos: DGC, Ministerio de Comunicaciones, Infraestructura y Vivienda)
住所:7 avenida Salón No 7 Finca Nacional La Aurora Zona 13, Ciudad de Guatemala
TEL:+ 502-2472-1001

3. 今後の事業実施スケジュール
(1)事業の完成予定時期:2017年10月(全区間道路供用開始をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービス(詳細設計等)に係る招請状送付予定時期:2012年12月
(3)本体工事に係る国際競争入札による調達パッケージの入札公示:2014年2月
(注) 本事業対象となるキチェ県、アルタ・ベラパス県を含む同国北西部の8県。