カンボジア王国向け円借款契約の調印

−メコン地域の連結性向上に資する国道5号線改修を支援−

2013年5月16日

国際協力機構(JICA)は、5月16日、カンボジア王国の首都プノンペンにて同国政府との間で「国道5号線改修事業(バッタンバン−シソポン間)」を対象として88億5,200万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。

調印式の様子

本事業は、首都プノンペンとタイ国境を結ぶ国道5号線のバッタンバン−シソポン間において、既存の本線道路を改修するとともに、バッタンバン市街およびシソポン市街を迂回するバイパス道路を整備することにより、対象地域における輸送能力の増強や輸送効率の改善を図り、カンボジアの経済発展の促進に寄与することを目的としています。本件にかかる貸付資金は、道路改修、バイパス建設等に係る土木工事およびコンサルティング・サービス(詳細設計、入札補助、事業全体管理、施工監理等)費用等に充当されます。 

同国では、1991年まで続いた内戦により多くの道路・橋梁が破壊されました。内戦終了後、わが国を含む国際社会の支援を得て修復が進められており、基幹部分については修復・整備が一巡しつつありますが、応急修復箇所の劣化や幅員不足箇所があるため、今後のカンボジア経済の発展による国内・国際物流の増加に対応するためには、既存道路の改修が課題となっています。

本事業の対象となる国道5号線はカンボジアの基幹道路であるとともに、アジアハイウェイ1号線および南部経済回廊の一部として、また、メコン地域の産業大動脈として機能することが期待されています。同国道では今後のカンボジアおよび域内の経済発展に伴い国内・国際物流が増加することが見込まれることから、輸送能力の増強や輸送効率の改善が必要となっています。

本事業は、カンボジア国内の物流改善に資するのみならず、メコン地域内の連結性向上に資する案件であり、日・カンボジアの二国間関係だけではなく、日・メコン協力においても重要な事業であり、メコン地域の経済発展に貢献することが期待されます。

(参考)
1.借款金額および条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
国道5号線改修事業(バッタンバン−シソポン間) 8,852 0.01 0.01 40 10 一般アンタイド

2.事業実施機関
公共事業運輸省(Ministry of Public Works and Transport)
住所:Norodom Boulevard, Phnom Penh, Cambodia
TEL:+855-23-722-715

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2018年6月(施設供用開始時をもって事業完成とする)
(2)コンサルティング・サービス(詳細設計等)にかかる招請状送付予定時期:2013年6月
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
調達パッケージ名:土木工事(道路拡幅、バイパス建設)
(Civil Works for National Road Improvement and Bypass Road Construction)
予定時期:2014年5月