セネガル共和国向け無償資金協力贈与契約の締結

−中学校、教員研修センター建設により、基礎教育の質を向上−

2014年3月26日

国際協力機構(JICA)は、3月25日、セネガル共和国政府との間で、総額19億3,200万円(計2件)を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement:G/A)を締結しました。

これらの協力は、セネガル政府が進める基礎教育へのアクセス向上と質の改善に向けた努力を後押しし、生徒の学習環境や教員養成・教員研修環境の改善を図るための支援を実施するものです。

今次締結した無償資金協力案件は以下のとおりです。

(1)ダカール州郊外中学校建設計画(供与限度額12.90億円)
Projet de Construction de Salles de Classe pour l’Enseignement Moyen dans la Banlieue de Dakar

セネガルでは、1998年から2012年までの間に総人口が倍増しており、その人口の半分以上が20歳に満たない若年層です。中でも、前期中等教育学齢(日本の中学1年生から高校1年生に相当)の人口は、2011年の約116万1,000人から、2025年には約169万8,000人と約1.5倍に増加する見込みです。一方、教育施設の教室数は不足しており、特にダカール州郊外を含む都市近郊においては1教室当たり100人を超える過密状態にある学校が多数あり、雨漏りする仮設教室の使用や、倒壊の危険がある老朽化した教室も使用せざるを得ない状況となっています。

本事業は、ダカール州郊外において、中学校の施設建設、教育家具の整備等を行うことにより、同地域における前期中等教育の学習環境の改善を図るものです。また、同国内で並行して取り組んでいる技術協力プロジェクト「教育環境改善プロジェクトフェーズ2(2010〜2014年)」や「理数科教育改善プロジェクトフェーズ2(2011〜2015年)」との連携による相乗効果により、教育の質の向上に貢献します。

(実施機関名)
セネガル国民教育省

(事業実施予定期間)
工期30.5ヵ月(入札期間含む)

(対象地域・施設)
ダカール州郊外7県(クール・マッサール、パルセル・アセニ、ルフィスク・コミューン、ルフィスク・デパルトマン、チャロイエ、ピキン、ゲジャウェイ)

(事業スコープ)
【施設】教室(27校187教室を想定)、管理棟、トイレ棟の建設
【教育家具】教室用机・椅子、管理棟用机・椅子・収納棚の調達


(2)ファティック州教員研修センター整備計画(供与限度額6.42億円)
Projet de Construction et d'Equipement d'un Centre Régional de Formation du Personnel de l'Education (CRFPE) à Fatick

(事業の背景と必要性)
セネガル共和国における初等教育(日本の小学校に相当)総就学率は、2000年の67.2パーセントから2011年には93.9パーセントと飛躍的に上昇し、2011年の就学児童数は172万5,000人に上ります。セネガル政府はボランティア教員制度(教員養成課程を従来の4年間から6ヵ月間の研修に短縮し、研修を修了したボランティア教員が教鞭をとりつつ正規教員資格の取得を目指すシステム)を導入して初等教育就学者数の増加に対応していますが、無資格初等教員の数も少なくなく、初等教員の質の低下が顕著となっています。

このような背景の中、同国では有資格教員の育成および現職教員の能力向上が求められており、初等教員養成校の新規建設は喫緊の課題となっています。本事業の対象であるファティック州教員研修センターは現在、同州の関連施設を間借りし、管理棟、教官室、教室の3施設が分散しており、非効率な運営を強いられていることに加え、必要最低限の施設・機材が整っていないという状況にあります。

本事業は、ファティック州において教員研修センターの施設を建設し、研修用機材を整備することにより、同州における新規教員養成および現職教員研修の環境改善を図るものです。本事業の実施により、質の高い研修を受けた教員が養成され、初中等教育の質の改善に貢献することが期待されます。

(実施機関名)
セネガル国民教育省

(事業実施予定期間)
工期26.5ヵ月(入札期間を含む)

(対象地域・施設)
ファティック州教員研修センター

(事業スコープ)
【施設】教室棟、特別教室棟2棟、事務所棟、講堂棟、社会教育談話室棟、トイレ棟2棟等の建設
【機材】教育家具(教師用および生徒用机椅子等)、ビデオプロジェクター、映像用スクリーン等の調達