第1回JICA−世銀ハイレベル対話を実施

−開発課題をテーマに、成果指向の連携協議−

2014年7月11日

7月10日、11日の2日間、JICA本部において、国際協力機構(JICA)と世界銀行グループ(注1)の間で、第1回JICA−世銀ハイレベル対話が開催されました。協議では、参加者はこれまでの連携状況を確認するとともに、これからの両機関での連携分野について、議論を行いました。

【画像】

ハイレベル対話ラップアップセッション

JICAからは、田中明彦理事長、世界銀行グループからはジム・ヨン・キム総裁が参加し、保健/ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(注2)と防災/気候変動の二つの開発課題と、東南アジア・大洋州、南アジア、アフリカの3地域についての協議も行いました。

日本は、世界銀行グループを含むパートナーと、これまでアフリカ開発会議(TICAD)を5年に1度、共催してきており、また、東南アジア・大洋州および南アジア地域では、これまでに両機関の部局間での連携協議を継続的に行ってきています。

協議には、両機関トップのほかに、JICAから小寺清理事、加藤宏理事、木山繁理事をはじめとする関係役職員が出席し、世界銀行グループ側からは、多国間投資保証機関(MIGA)本田桂子長官兼CEO、世界銀行シリル・ミューラー対外関係総局副総裁、同マクタール・ディオップアフリカ地域総局副総裁、アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ東アジア・大洋州地域総局副総裁、国際金融公社(IFC)カリン・フィンケルストン副総裁(アジア・大洋州担当)、ティム・エバンスシニアディレクター(保健・栄養・人口問題担当)、エデ・イジャズ・バスケスシニアディレクター(都市・農村・社会開発担当)ほかが出席しました。

JICA職員との対話

また、キム総裁は、田中理事長と共に、100人以上のJICA職員との対話集会を行い、貧困の終焉と繁栄の共有に向けて、JICAと世界銀行グループ間の協力関係をさらに強化していく意向を強調しました。

なお、今回の機会を捉え、両機関トップは、「国際開発協会(IDA)第17次増資のための借款」にかかる円借款契約の調印も行いました。今回協議したテーマのうち、防災/気候変動は、IDA第17次増資における四つの重点課題の一つとなっており、また、南アジア、アフリカは、IDA対象国の多くが属する地域でもあります。

両機関は、今後も定期的にこのような対話を行い、連携を強化していく考えです。


(注1)世界銀行グループは、国際復興開発銀行(IBRD)、国際開発協会(IDA)国際金融公社(IFC)、多国間投資保証機関(MIGA)、投資紛争解決国際センター(ICSID)の5機関からなる。
(注2)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジが目指すものは、「すべての人が、必要な保健医療サービスを支払い可能な費用で受けられる状態」である。