モンゴル国向け円借款契約の調印

〜首都ウランバートルにおける新空港建設を支援〜

2015年4月16日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、4月16日、モンゴル国の首都ウランバートル市にて、同国政府との間で「新ウランバートル国際空港建設事業(II)」を対象として368億5,000万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。本事業に対しては、第I期(2008年5月承諾、288億700万円)の円借款を供与済であり、今次円借款は第II期分として供与するものです。なお、本事業への円借款は、1977年にJICAが同国に協力を開始して以降、同国向けでは最大規模の支援となります。

本事業は、ウランバートル郊外に新国際空港を建設することにより、首都空港の安全性・信頼性の改善及び利便性の向上を図り、同国のさらなる経済発展に寄与するものです。本件にかかる貸付資金は、空港建設とコンサルティング・サービスに充当されます。なお、本事業は、本邦技術活用条件(STEP)適用事業として、日本の技術を活かして実施されています。

モンゴルは、1990年以降の市場経済化の推進や、製造業・鉱業部門等の発展により、順調な経済成長を続けています。特に、近年はサービス産業の成長や、豊富な地下資源・畜産資源に対する投資拡大等を背景に、海外との往来及び国内移動が活発化しています。こうしたなか、現在の首都空港であるチンギスハーン国際空港の国際線・国内線旅客者数は、2008年の約61万人から2013年には約110万人と約1.8倍に急増しており、今後も見込まれる需要の増大に対応するため、施設の増築・改修が必要となっています。しかし、同空港は南側と東側を山に囲まれた地理的制約を抱え、風向き等の気象条件によって離着陸が制限されることから遅延・欠航が多く、現在の位置では拡張事業等を行えない状況となっています。本事業は、このような地理的制約を受けない地点に新空港を建設することにより問題を解消し、増加する航空需要に対応することが期待されています。

(参考)
1.借款金額および条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
新ウランバートル国際空港建設事業(II) 36,850 0.1 0.01 40 10 日本タイド

※STEP(本邦技術活用条件)を適用

2. 事業実施機関
道路・運輸省(Ministry of Road and Transport)
住所 :Chinggis Avenue 11, Sukhbaatar District, Ulaanbaatar 14251, Mongolia
TEL :+976-62263191

3. 今後の事業実施スケジュール(予定)
(1) 事業の完成予定時期: 2017年5月(施設供用始時をもって事業完成)
(2) コンサルティング・サービス(設計・施工監理等): 雇用済み
(3) 本体工事に係る国際競争入札による調達パッケージの入札公示
調達パッケージ名:空港建設パッケージ(Civil Works and Others)契約済

4.JICA情報提供窓口
本事業の調達スケジュールに関する情報は、下記窓口にお問い合わせください。
国際協力機構モンゴル事務所
(Contact Point: JICA Mongolia Office,)
住所:7F, Bodi Tower, Sukhbaatar Square 3, Ulaanbaatar, Mongolia
TEL: + 976-11-325939、 FAX:+ 976-11-310845