ケニア向け円借款契約の調印:地熱発電所等建設により国内の電力供給安定化と経済活動活性化に貢献

2016年3月10日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、3月9日、ナイロビにてケニア共和国政府との間で「オルカリアV地熱発電開発事業」を対象として456億9,000万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。

本事業は、ケニア中部のナクル郡オルカリア地熱地帯において、地熱発電所(出力70 MW×2基)、気水輸送管設備及び送電線(約5km)等の建設を行うものです。

ケニアは、近年、年平均GDP成長率が5%前後と、順調な経済成長を達成しており、これに伴って2010年から2020年の電力需要は毎年14.5%程度増加していくことが見込まれています。また、2015年のケニアのピーク電力需要は1,512 MWであり、このうち約37%を水力発電に依存しており、近年頻発している干ばつなどの影響を受けやすい不安定な状況にあります。加えて、水力発電に次ぐ電力供給源である火力発電は、その燃料輸入がケニアの経常赤字の要因の一つとなっているという問題も抱えています。このため、今後増加が見込まれる電力需要に対応し、順調な経済成長を持続可能なものとしていくため、水力発電や火力発電に替わる安定的な電力供給源の確保が急務となっています。

JICAはこれまで、ケニア国内の電力供給量増加に貢献するため、「モンバサディーゼル発電プラント建設事業」(1999年12月運用開始)、「ソンドゥ・ミリウ水力発電事業(I)(II)」(2008年2月運用開始)、「ソンドゥ・ミリウ/サンゴロ水力発電所建設事業」(2012年7月運用開始)への円借款を供与してきました。また、本事業の先行案件となる「オルカリアI 4・5号機地熱発電事業」(2015年2月運用開始)は、アフリカ地域の地熱分野に対する初の円借款で、1月に完工済みです。更に、現在、「オルカリア−レソス−キスム送電線建設事業」(2010年12月円借款契約調印)を実施中であり、本事業の実施によりオルカリア地熱発電地帯からナイロビ、キスムといった大都市へ安定的に電力を供給するにあたって、これら事業の相乗効果が期待されます。

また、JICAは、地熱分野における技術協力として、ケニア地熱開発公社(Geothermal Development Company Ltd.:GDC)を対象に、地熱開発に伴う適切な掘削地点が選定できないといった技術的リスクの低減を図り、適切な蒸気供給を行うための技術向上を目的とした「地熱開発のための能力向上プロジェクト」(2013年9月〜2017年9月)、地熱開発計画の更新を目的とした「GDCの地熱開発戦略更新支援プロジェクト」(2014年2月〜2016年3月)を実施しています。更に、2016年1月からは電力分野における民間資本(独立発電事業者:Independent Power Producer, IPP)の参入を促進するためのアドバイザーも派遣しており、JICAは、ソフト面、ハード面の両面から、ケニアの電力供給量の増加を支援しています。

このような実績に加え、本事業により、ひっ迫するケニアの電力供給量の更なる増加及び安定化を図り、もって人々の生活環境の改善や、投資環境の改善を通じた経済発展に貢献します。さらには、再生可能エネルギーである地熱発電の利用により、同規模の火力発電所を稼動させた場合に比して大気汚染物質及びCO2の排出が大幅に抑制されることが見込まれます。

なお、本年2016年8月には第6回アフリカ開発会議(Tokyo International Conference on African Development VI:TICAD VI)が、アフリカ大陸では初めてナイロビで開催される予定であり、本事業の実施がケニアの発展と日本との関係の深化にも寄与することが期待されます。

(参考)
1. 借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
オルカリアV地熱発電開発事業 45,690 0.2 (*1) 30 10 一般アンタイド

(*1) 今次円借款の対象外。

2.事業実施機関
ケニア発電公社(Kenya Electricity Generating Company Limited)
住所:Stima Plaza, Phase III, Kolobot Road, Parklands P.O. Box 47936-00100 GPO, Nairobi, Kenya
TEL:+254-20-3666000、Fax:+254-20-2248848

3.今後の実施スケジュール(予定)
事業の完成予定時期:2019年12月(保証期間終了時をもって事業完成とする)
コンサルティングサービス(施工監理等):実施機関により雇用済
本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
調達パッケージ名:ロット1(気水輸送管設備一式建設)(Lot1: Procurement and Construction of Steamfield)
ロット2(地熱発電所建設)(Lot2: Power Plant Construction)
ロット3(開閉所、送電線及び付帯施設建設)(Lot3: Transmission Line and Substation)
予定時期:2016年3月末