エチオピア向け円借款貸付契約の調印:女性起業家対象の融資資金提供により、女性の社会進出や雇用創出に貢献

2017年2月27日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、2月24日、アジスアベバにて、エチオピア連邦民主共和国政府との間で、「女性起業家支援事業」を対象として55億円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。本件は、アフリカにおいて女性に特化した初めての開発金融借款です。

本事業は、エチオピアで経済活動が活発な主要都市において、女性の起業家が経営あるいは共同経営する企業に対して資金へのアクセスおよび研修機会を提供することにより、対象企業の収益や雇用の増加につなげ、ひいては女性の社会的地位の向上及び企業の成長をはじめとする民間セクター開発に資することを目的としています。なお、本事業は、世界銀行等との協調融資事業です。

エチオピア政府は、農業が中心の経済構造から転換し、工業をより発展させることで、2025年までに貧困国から脱却することを目標に掲げており、近年エチオピア国内で増加している小零細企業の成長を支援することを表明しています。しかし、エチオピアの金融機関は、政府からの金融規制の影響もあり、慢性的に資金不足の問題を抱えており、事務コストやリスクが高いとされる小零細企業への融資には消極的です。また、融資に対する担保比率が高いこともあり、小零細企業にとっては金融機関からの資金借り入れが容易ではなく、収益拡大が見込めない脆弱な経営状態となっています。

さらに、女性の起業家にとっては、エチオピアにおいて融資の担保に必要な家や土地が男性名義で登録される傾向があることから、融資機会を得ることが特に困難となっています。他方、女性の起業家が経営する小零細企業からの融資に対する需要は年々増加しており、世界銀行等がすでに開始している本事業に対しては、2015年に75億円を超える金額の融資が申請されました。しかし、金融機関の資金不足等の理由により、申請した企業の約80%が現在も融資の機会を得られていません。

本事業は、女性の起業家が経営する小零細企業を金融面および経営ノウハウ面などから支援し、企業の安定した経営基盤の構築に貢献することで、エチオピアにおける女性の社会的地位の向上や、事業拡大による収益の増加及び新たな雇用機会の創出に繋がることが期待されます。

関連リンク(外部リンク、英語)

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
女性起業家支援事業(Women Entrepreneurship Development Project) 5,500 0.01 - 40 10 一般アンタイド

2.事業実施機関
エチオピア開発銀行(Development Bank of Ethiopia)
住所:P.O.Box 1900, Menelik II Avenue, Addis Ababa, Ethiopia
TEL:+251-11-551-1188、FAX:+251-11-551-1606

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2019年12月31日(貸付期限日)をもって事業完了
(2)コンサルティング・サービス(詳細設計等)にかかる招請状送付予定時期:本事業ではコンサルタントの雇用は予定されていません。
(3)本体工事にかかる国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:本事業では、本体工事に係る入札はありません。また、仲介金融機関により供与されるサブローン対象事業も、エチオピアの小零細企業による小規模なプロジェクトとなることから、国際競争入札による調達は行われない見込みです。