「アフリカのきれいな街プラットフォーム」を設立:アフリカの都市のごみ問題解決をめざして

2017年4月28日

国際協力機構(JICA)と環境省は、4月27日、モザンビークの首都マプトにおいて、アフリカ24か国(注1)、国連環境計画(UNEP)、国際連合人間居住計画(UN-HABITAT)、横浜市とともに、「アフリカのきれいな街プラットフォーム」を設立しました。設立式には、モザンビークのセルソ・イスマイル・コレイア土地・環境・農村開発大臣、デビッド・シマンゴ マプト市長、日本の伊藤忠彦環境副大臣、山内邦裕JICA地球環境部長が参列し、プラットフォームを通じたアフリカのごみ問題解決支援への決意を表明しました。

「アフリカのきれいな街プラットフォーム」は、第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)のフォローアップの一環として、都市の廃棄物に関する各国の知見・経験の共有、官民の資金動員促進、持続可能な開発目標(SDGs)(注2)の推進を目的とし、研修やセミナー、データ収集整備、情報発信などの活動を通じ、SDGsの目標年である2030年に「きれいな街と健康な暮らし」がアフリカで実現することを目指すものです。

アフリカの都市部では、経済成長と急激な人口増加に伴いごみ問題が深刻化しています。人々の健康な暮らしを実現し、今後も持続的な成長を続けるためには、都市の生活環境の改善に向けた取り組みは喫緊の課題です。一方、2015年に国連で採択されたSDGsでは、初めて廃棄物処理に関する国際的な目標(注3)が設定され、世界各国が課題解決を求められています。

JICAは、昨年8月にケニアのナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において、「アフリカ廃棄物管理セミナー:〜アフリカのきれいな街と健康な暮らしのために〜廃棄物分野のSDGs達成に向けたキャパシティ・デベロップメント」と題したサイドイベントを開催しました。その中で、アフリカの都市部の衛生環境の改善のために、人々の生活の身近な問題である廃棄物の適正管理が急務であり、アフリカにおける廃棄物管理の政策的優先度向上や、各国の連携と情報共有を促進するプラットフォームの必要性が再確認されました。そのような背景を受けて、JICAは環境省、UNEP、UN-HABITATと共同で、「アフリカのきれいな街プラットフォーム」設立に向けた準備を進めてきました。

今後、本プラットフォームの下、各国政府とパートナー機関が一致団結して、知見の共有、情報整備、資金動員促進を行い、アフリカのごみ問題解決とSDGs達成への協力を推進していきます。

(注1)ボツワナ、ブルキナファソ、カメルーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ジブチ、エジプト、エチオピア、ガーナ、ケニア、マダガスカル、モロッコ、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ニジェール、ナイジェリア、コンゴ共和国、セネガル、南スーダン、スーダン、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ

(注2)持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)
2015年9月、国連本部において開催された「国連持続可能な開発サミット」において、193の加盟国の全会一致で「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、SDGsが掲げられました。SDGsは、MDGsの残された課題や新たに顕在化した、気候変動や資源エネルギー、都市化問題を含む17のゴール、169のターゲットで構成され、2030年までの達成に向けて国際社会が取り組むべき課題として定められています。

(注3)廃棄物に関する主な目標とターゲット
目標 11(持続可能な都市):包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
11.6 2030 年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。
目標12(持続可能な生産と消費):持続可能な生産消費形態を確保する
12.3 2030 年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。
12.4 2020 年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
12.5 2030 年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

関連ファイル:

関連リンク: