ハイチ向け無償資金贈与契約の締結:小中学校の施設建設・教育家具の整備により、基礎教育の質とアクセスの改善に貢献

2017年5月17日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、5月16日、首都ポルトープランスにて、ハイチ共和国政府との間で、「中央県及びアルティボニット県小中学校建設計画」を対象として20億4,600万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結しました。

本事業は、同国の中央県、アルティボニット県において、小中学校13校を対象とし、施設建設及び教育家具の整備を行うことにより、学習環境の改善を図り、基礎教育の質とアクセスの改善に寄与するものです。

ハイチでは、同国政府による無償教育プログラムの一部導入の成果もあり、就学率が向上しているものの、中南米地域の中では未だ低い水準にあり、その要因の一つとして、教室不足があげられています。また、1教室あたりの生徒数が100名を超える過密状態にあり、適切な学習環境が確保できず、学習の質の低下を招いています。そのため、公立学校・教室の不足を解消し、就学機会を拡大し学習環境を改善することが急務となっています。

本事業により、同国内でも特に就学率が低く、教室の過密度が高い2県(中央県、アルティボニット県)において、良好な学習環境が確保され、学習の質や進学・進級率の向上にも寄与することが期待されます。

また、同国では大地震(2010年1月発生)に加え、例年ハリケーンによる風水害等による被害が発生しており、指定避難所の96%が学校になっています。本事業においても防災の視点を取り入れ、災害時に避難施設となる機能を備えた施設及び教育家具の整備を行い、学校関係者や地域住民の防災意識の向上にも寄与していきます。

【案件基礎情報】
国名 ハイチ共和国
案件名 中央県及びアルティボニット県小中学校建設計画(Le Projet de Construction d’Ecoles Fondamentales des Départements du Centre et de l’Artibonite)
実施予定期間 工期24ヵ月(詳細設計・入札期間含む)
実施機関 国家教育・職業訓練省、中央県教育局及びアルティボニット県教育局
対象地域・施設 中央県ミルバレ、トモンド、ソドー、ブカンカレ、アンシュ、アルティボニット県ベレッテ地区
具体的事業内容(予定) (1)施設整備/機材調達
小・中学校13校における教室等の増設
【施設】教室棟、校長室、教員室及び倉庫、トイレ棟、太陽光発電システム、照明設備、コンセント設備
【機材】生徒用机・椅子、教員及び校長用机・椅子、黒板

(2)コンサルティング・サービス
詳細設計、入札補助、施工監理、(ソフトコンポーネントとして)学校施設維持管理及び保健・衛生に関する教育と啓発、防災教育と意識啓発等