カメルーン向け円借款貸付契約の調印:中部アフリカ諸国を結ぶ国際回廊の一部を整備し、域内の物流活性化に貢献

2017年5月31日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、5月30日、ヤウンデにて、カメルーン共和国政府との間で、「ヤウンデ−ブラザビル国際回廊整備事業(ミントム-レレ間)」を対象として58億9,400万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、カメルーンの首都ヤウンデと隣国コンゴ共和国の首都ブラザビルを結び、ガボンや赤道ギニアにもつながる中部アフリカの重要な国際回廊において、カメルーン南部のミントム-レレ区間(約67km)の未舗装道路を舗装整備するものです。これにより、カメルーンとコンゴ共和国間の効率的な輸送ルートを確保し、対象地域の貧困削減及び経済発展に貢献するとともに、中部アフリカ地域の域内経済の統合を促進することを目的としています。本件にかかる貸付資金は、対象区間道路の舗装にかかる土木工事の調達に充当されます。なお、本件は、アフリカ開発銀行との協調融資です。

カメルーン南部州に位置する本事業対象地域は、キャッサバ、調理用バナナをはじめとする食物や日本にも輸出されているカカオなど農産品の生産地であり、また良質な木材や、鉄鉱石などの鉱物資源にも恵まれた開発ポテンシャルの高い地域です。しかしながら、本事業が対象とするミントム-レレ区間は未舗装の悪路であるため輸送コストが高くつくなど、これら豊富な資源をカメルーン国内および国外に効率的に輸送することが困難な状況となっており、同地域の貧困削減及び経済発展の遅れにつながっています。

ヤウンデ-ブラザビル国際回廊の整備は、本事業が対象とする区間以外についてもアフリカ開発銀行や中部アフリカ開発銀行などが支援しており、域内最大の物流拠点であるカメルーンのドゥアラ港から、ヤウンデを経由し、ブラザビルまでを結ぶ回廊が舗装道路で繋がれることで、域内の経済統合を促進することを目指しています。

JICAはこれまでもアフリカ開発銀行との協調融資により、「バメンダ‐マムフェ‐エコック間及びマフム‐アバカリキ‐エヌグ間道路交通促進事業」(2009年3月L/A調印)、「バチェンガ‐レナ間道路整備事業」(2015年3月L/A調印)など、カメルーンの主要幹線道路整備への協力を実施しており、これらの事業を通じ、引き続きカメルーンの経済発展や中部アフリカの域内統合に貢献していきます。

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
ヤウンデ−ブラザビル国際回廊整備事業(ミントム-レレ間) Yaounde-Brazzaville International Corridor Development Project (Mintom-Lele Section) 5,894 0.3 - 40 10 一般アンタイド

2.事業実施機関
公共事業省(Ministry of Public Works)
住所:BP 15406 Yaoundé, Cameroon
TEL:+237-222-22-22-94、FAX:N/A

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2021年5月(施設供用開始時をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービスにかかる招請状送付予定時期:本借款の対象外であり、アフリカ開発銀行による融資を受けて傭上されます。
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
調達パッケージ名:土木工事(Civil Works)
予定時期:2016年5月(公示済)

【対象地域地図(点線部分は未舗装区間、赤色点線部分の一部が本事業対象)】

【画像】

【対象区間地図】

【画像】