ミャンマー向け無償資金贈与契約の締結:地方の中核病院の施設・機材整備を通じた保健医療サービスの向上を支援

2018年2月13日

国際協力機構(JICA)は、2月6日、ネピドーにて、ミャンマー連邦共和国との間で「ダウェイ総合病院整備計画」を対象として、26億6,500万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結しました。

本事業は、同国最南端のタニンダーリ地域の中核病院であるダウェイ総合病院の既存敷地内に外来部門、画像診断部門、検査部門、内視鏡部門、手術部門、集中治療室(ICU)、滅菌部門を含む新棟を建設し、必要な機材を整備することにより、同病院の医療サービスの向上を図り、もって地域住民の健康改善と生活向上に寄与するものです。

ミャンマーでは、近年改善はみられるものの依然として対策が必要である母子保健や感染症に加えて、近年は急激な経済成長に伴い生活習慣に起因した非感染性疾患の患者も増加傾向にあります。同病院の平均外来患者数は、2013年から2016年の3年間で約2.74倍、平均入院患者数については約1.51倍に増加しています。また、手術件数については、2013年の2,723件/年から2016年には4,354件/年と増加の一途を辿っています。しかしながら、同病院の施設・機材は手狭で老朽化が著しく、患者の診断及び治療環境は十分とは言えず、必要な手術を受けることができない患者もいるのが現状です。

本事業により、新棟を建設し検査や治療を行う中央診療機能をそこに集約することにより、増加する外来患者と入院患者への効率的な対応が可能となります。また、手術部門、滅菌部門、ICUの施設及び機材を整備することにより、より安全な環境で、より多くの手術に対応できるようになります。JICAは、本案件に加え、ミャンマーの保健システムや医療機器の維持管理体制を強化するための技術協力を実施し、同国の保健医療サービスの拡充と改善のために包括的に取り組んでいます。

【案件基礎情報】
国名 ミャンマー連邦共和国
案件名 ダウェイ総合病院整備計画(The Project for the Improvement of Dawei General Hospital)
実施予定期間 75か月(詳細設計・入札期間含む)
実施機関 保健スポーツ省
対象地域・施設 ダウェイ総合病院
具体的事業内容(予定) (1)施設整備/機材調達
施設:新棟建設(外来部門、画像診断部門、検査部門、内視鏡部門、手術部門、集中治療室(ICU)、滅菌部門)
機材:無影灯、歯科ユニット、耳鼻科ユニット、X線透視撮影装置、一般X線撮影装置、MRI、CT、手術用手洗い装置、高圧蒸気滅菌器、シャウカステン、保温庫
(2)コンサルティング・サービス
詳細設計、施工・調達監理。(ソフトコンポーネントとして)機材の操作・活用方法、機材台帳の活用方法、維持管理に必要な予算計上に関する指導等。