ビエンチャン国際空港ターミナル引渡式:増大する航空旅客需要に官民連携で対応

2018年8月10日

2018年8月9日、国際協力機構(JICA)が円借款で支援する「ビエンチャン国際空港ターミナル拡張事業」に関する引渡式が開催されました。ラオス政府からはソムディー・ドゥアンディー副首相、ブンチャン・シンタヴォン公共事業運輸大臣等、日本政府からは中根一幸外務副大臣が来賓として参加しました。

テープカットの様子
(左から)中根外務副大臣、ソムディー副首相、ブンチャン公共事業運輸大臣

本事業は、ラオスの首都にあるビエンチャン・ワッタイ国際空港において、国際線旅客ターミナルビルの拡張や国内線旅客ターミナルビルの新設等を行うものです。ラオスの玄関口である同空港は、観光客の増加もあり、旅客数は2014年時点の約69万人(国際線)、約30万人(国内線)から、2023年にはそれぞれ約151万人、約46万人にまで拡大すると予測されています。本事業は、急増する航空旅客需要に対応するとともに、空港の利便性・効率性・安全性の向上を図り、ラオスの経済成長促進に寄与するものです。

JICAは本事業に対し、2014年に90.17億円の円借款貸付契約を締結し、国際線ターミナルビルの拡張、国内線旅客ターミナルビルの新設及び周辺施設(駐車場、構内道路、誘導路等)の整備を支援して参りました。

引渡式において、ブンチャン公共事業運輸大臣は、本事業はラオスの社会経済発展に寄与するのみならず、両国友好関係のシンボルとなる事業であると述べました。また中根外務副大臣からは、この空港をはじめとする環境面・安全面でも優れた「質の高いインフラ」支援を引き続き行っていくことや、本邦企業が空港の運営に参画し質の高いサービスが引き続き提供されることへの期待が述べられました。

本事業は、ビエンチャン・ワッタイ国際空港の管理・運営事業に参画している株式会社JALUX及び豊田通商株式会社との官民連携案件として実施しているものです。円借款によって機能強化された同空港で、日本の民間企業のノウハウに基づく空港管理・運営がなされることで、引き続き質の高い空港運営サービスが提供されることが期待されます。

JICAはこれからも、ラオスの社会・経済発展に貢献するため、民間企業とも連携しながら協力を行っていきます。

【画像】

航空写真提供:株式会社 安藤・間