モザンビーク向け無償資金贈与契約の締結:職業訓練センターの整備により産業人材の育成に貢献

2018年8月21日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、8月20日、マプトにて、モザンビーク共和国政府との間で、「職業訓練センター改善計画」を対象として8億8,000万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結しました。

本事業は、モザンビークの北部、中部、南部ぞれぞれの中心都市であるナンプラ州ナカラ市、ザンベジア州キリマネ市及びマプト州マトラ市の3ヵ所の職業訓練センターの施設と機材の整備を行うことにより、職業訓練の質の向上を図り、地域の産業人材育成に寄与するものです。

モザンビークは天然資源に恵まれ、日系企業を含む多くの外国企業が投資先として関心を持つ一方、産業界が必要とする優秀な人材が著しく不足しています。同国政府は産業人材の育成を重要課題と位置づけ、職業訓練の機会拡大と質の向上に取り組んでいますが、職業訓練用の機材や施設の不足や老朽化のため、依然として十分な訓練が提供できていないのが実情です。

本事業により、特に人材が不足している建設、溶接、自動車整備、農産品加工の各分野の訓練コース実施に必要な施設と機材を整備することで、質の高い職業訓練機会の提供が可能になり、産業ニーズに合致した人材育成を通じて地域の産業振興、経済活性化に貢献することが期待されます。JICAは、本事業に加え、職業訓練コースのカリキュラムや教材の作成、職業訓練センターの運営能力強化に取り組む技術協力「産業人材育成センター能力強化プロジェクト」(2017~2021年)を実施しており、同国の産業人材育成を包括的に支援します。

【案件基礎情報】
国名 モザンビーク共和国
案件名 職業訓練センター改善計画(The Project for the Improvement of Vocational Training Centers)
実施予定期間 34ヵ月(詳細設計・入札期間含む)
実施機関 職業訓練・労働研究機構
対象地域・施設 マシャバ職業訓練センター(マプト州マトラ市)、ナカラ職業訓練センター(ナンプラ州ナカラ市)、キリマネ職業訓練センター(ザンベジア州キリマネ市)
具体的事業内容(予定) (1)施設整備/機材調達
【施設】ナカラ職業訓練センター及びキリマネ職業訓練センターの職業訓練用施設(ワークショップ、教室、倉庫)
【機材】マシャバ職業訓練センター、ナカラ職業訓練センター、キリマネ職業訓練センターの職業訓練用機材
(2)コンサルティング・サービス
詳細設計、入札補助、調達・施工監理