キューバ向け無償資金贈与契約の締結:電力供給の安定化を通じた再生可能エネルギーの導入促進に貢献

2019年3月27日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、3月26日、ハバナにて、キューバ共和国政府との間で、「青年の島における電力供給改善計画」を対象として23億9,200万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結しました。

本事業は、キューバ最大の離島である青年の島において、再生可能エネルギーによる電力供給を安定化するために必要な機器を導入するものです。本事業により、キューバにおける再生可能エネルギーの更なる導入促進を図ることが期待されています。

案件の詳細は以下の通りです。

【案件基礎情報】
国名 キューバ共和国
案件名 青年の島における電力供給改善計画(The Project for the Improvement of Power Supply in the Isle of Youth)
実施予定期間 36ヵ月(詳細設計・入札期間含む)
実施機関 キューバ電力公社(UNE)
対象地域・施設 青年の島
具体的事業内容(予定) (1) 機材調達
蓄電池(10 MW、3.33 MWh、1式)、パワーコンディショニングシステム(20台)、コンテナ(15台)、受変電設備、制御装置、エネルギーマネジメントシステム(EMS)
(2) コンサルティング・サービス
詳細設計、入札補助、調達監理、(ソフトコンポーネントとして)EMSおよび蓄電設備等の導入に伴う系統や既存発電施設への影響に係る技術指導等