ケニア向け技術協力プロジェクト討議議事録の署名:経営能力向上と金融アクセス向上を通じた企業の競争力の向上を支援

【SDGsロゴ】働きがいも経済成長も

【SDGsロゴ】産業と技術革新の基盤をつくろう

【SDGsロゴ】1パートナーシップで目標を達成しよう

2019年12月6日

国際協力機構(JICA)は、12月5日、ナイロビにて、ケニア共和国政府との間で、技術協力プロジェクト「企業競争力強化プロジェクト」に関する討議議事録(Record of Discussions: R/D)に署名しました。

ケニアでは、98%の企業が従業員50人未満の規模の中小企業であり、経済成長、雇用創出のためには、中小企業に対する支援が重要とされています。他方、多くの中小企業は経営能力や成長に不可欠な金融アクセスの不足が課題とされています。

本案件は、対象地域において、中小企業及び起業家の成長につながるエコシステム(注)の形成促進を通じて、企業及び起業家の持続的な成長の促進に貢献します。また、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール8、9、17に貢献します。

本案件の概要は以下のとおりです。

【案件基礎情報】
国名 ケニア共和国
案件名 企業競争力強化プロジェクト
実施予定期間 2020年3月~2024年2月(48ヵ月)
実施機関 ケニアビジネス研修所
対象地域 ナイロビとその周辺及びモンバサ
具体的事業内容(予定) ・中小企業向け経営能力向上支援プログラムの質的向上
・金融機関と連携した中小企業向け経営能力向上支援プログラムの提供
・中小企業の持続的な成長を支援するためのアクター間のアクションプランの提案
・スタートアップ支援の連携体制構築

(注)本事業では、エコシステムを「中小企業及び起業家、支援機関、金融、学界、行政等の要素からなる、中小企業及び起業家の成長につながるアクター間の有機的な連携と協働」と定義しています。

関連ファイル: