海外経済協力基金プレスリリース

更なる環境分野での協力を目指して

Press Release:98/01/08

〜ブラジル・パラナ州に対して上下水道整備と有害廃棄物処理システム整備を支援〜

OECF(総裁 西垣 昭)は、ブラジル連邦共和国における「パラナ州環境改善事業」に対し、所要資金として236億8,600万円を限度とする貸し付けを行うことを決め、平成10年1月8日、借款契約に調印した。
調印は東京のOECF本部で行なわれ、ヘイス在京ブラジル連邦共和国特命全権大使臨席の下、OECFを代表して西垣 昭 総裁が、ブラジル連邦共和国パラナ州政府を代表してジャイメ・レルネル州知事(H.E.Mr. Jaime Lerner)が署名することによって行われた。
この結果、OECFのブラジル連邦共和国に対する貸付承諾額累計は、13件2,165億8,100万円になった。
借款の金額、条件及び事業概要は、下記の通り。

1. 借款金額及び条件

 金額
(百万円)
金利
(%)
償還期間(年)
(うち据置)
調達条件
パラナ州環境改善事業23,6864.0
(コンサル2.3)
25(7)一般アンタイド

2. 事業概要

パラナ州環境改善事業
Parana State Environmental Improvement Project

(1) 事業の必要性

ブラジル南部の大西洋岸に位置するパラナ州(人口850万人)のクリチバ州都圏では、急激な都市化の進展により、上水供給量が 25%不足し、下水普及率が約40%である等、上下水道関連施設の整備が立ち遅れており、住民の生活環境に悪影響を与えている。また、農業を基幹産業とする同州では、近年の農業技術の進展に対して、農薬等の有害廃棄物処理システムが確立されていなかったことから、深刻な環境破壊が生じている。本事業は、1)同州の策定したマスタープランに基づいた上下水道整備を行うことで、クリチバ州都圏、海岸地域及びその周辺部の衛生環境の改善を図り、2)有害農薬廃棄物の処理システムを整備することにより、農薬による土壌・水質汚染等の環境破壊の防止を図るものである。

(2) 事業の内容

  1. クリチバ州都圏、海岸地域、及びその周辺部を対象地域として、以下の事業を行う。
    a.貯水池、送配水システム、浄水場の建設・補修による上水道整備。
    b.下水処理施設及び周辺設備の建設、補修による下水道整備。
  2. 州全域を対象として以下の事業を行う。
    a.有害農薬廃棄物回収センター、焼却場、及び埋立場の建設。
    b.使用済農薬容器の回収、リサイクルシステムの整備。
  3. コンサルティングサービス
    上記1)、2)に係る詳細設計、入札補助、施工管理等

(3) 事業の目的と効果

本事業は上水普及率向上及び下水処理改善による対象地域住民の衛生環境の改善、及び農業系有害廃棄物の回収・処理による環境破壊の防止を目的とした環境改善事業である。
また、特に周辺地域上下水道整備については、貧困層の住民が井戸水をくみ上げて生活用水としていることから、水質の改善による貧困層の衛生環境の向上、女性または子供の水汲み労働削減といった効果も期待されている。
借款資金は、本事業に必要な資機材及び役務の調達に充当される。
本事業の借入人はブラジル連邦共和国パラナ州、事業実施機関はパラナ州上下水道公社(Companhia de Saneamento do Parana、住所:RuaEngenheiros Reboucas, 1376 Curitiba-Parana-Brazil、TEL:55-41-322-2626 , FAX:55-41-225-7878)である。

(参 考)対ブラジル連邦共和国円借款供与一覧(*印は今回調印分)
案件名L/A締結日承諾額(百万円)
プライアモーレ港建設事業1981.12.0711,985
ビラドコンデ港建設事業1981.12.072,975
浚渫船購入事業1981.12.077,040
セラード灌漑事業1985.03.1412,021
東北伯灌漑事業1991.09.057,596
ジャイバ灌漑事業(II)1991.09.0514,740
ゴイアス州農村電化事業1991.09.0512,832
サントス港整備事業1991.09.0528,889
グアナバラ湾流域環境改善事業1994.03.2931,475
チエテ川流域環境改善事業1995.07.1849,427
トードス・オス・サントス基本衛生改善事業 1997.05.297,895
セアラ州風力発電建設事業 1997.08.016,020
パラナ州環境改善事業*1998.01.0823,686
 合計216,581
ブラジル連邦共和国概要
人 口 :157.87百万人(1996年、IMF)
面 積 :851.2万 km² (日本の約23倍)
首 都 :ブラジリア
言 語 :ポルトガル語
民族構成:白人54.8% 混血38.5% 黒人5.9% その他0.6%
宗 教 :カトリック89.9% プロテスタント6.6% その他3.6%
通 貨 :レアル
人口増加率:1.7%(1990〜1995年、世界銀行)
気 候 :国土のほとんどは熱帯・亜熱帯であるが、南部は温帯に属する。
主要産業:農業(コーヒー、大豆、オレンジなど)、
鉱業(鉄鉱業、ボーキサイトなど)
一人当たりGNP:1995年 3,640USドル、 1996年4,360USドル(世界銀行)