プレスリリース

米国ハリケーン被害 緊急援助物資供与

毛布・スリーピングマット

2005年09月09日

国際協力機構(JICA)は外務省の決定に基づき、米国のハリケーン被害への緊急援助として、毛布とスリーピングマット30万ドル相当の救援物資を米赤十字社へ供与する。物資は現地時間の8日夜、米フロリダ州マイアミの備蓄倉庫から運び出され、ルイジアナ州ウォーカーとアラバマ州モンゴメリへ輸送した。

日本政府は、米国南部を襲った大型ハリケーン「カトリーナ」による被害に対し、総額100万ドル相当の支援を表明。このうち今回の緊急援助物資については、米国務省から被災地で救援活動を展開する米赤十字社への提供要請があった。

ルイジアナ州とミシシッピ州では「カトリーナ」上陸により、甚大な被害が生じ、避難者総数は約224,000人、死者数は数千人規模に上るとの情報もある(FEMA(米連邦緊急事態管理局)5日発表)。