プレスリリース

インドネシア鳥インフルエンザ 国際緊急援助隊調査チーム派遣

9月27日(火)出発

2005年09月26日

国際協力機構(JICA)は、鳥インフルエンザの流行拡大が懸念されるインドネシアに、感染症対策の専門家ら5人から成る国際緊急援助隊調査チームを9月27日(火)から派遣する。チームは鳥インフルエンザ感染被害に関する情報収集、対策に関する助言、今後の支援のための調査を行う。

インドネシアでは今年7月に鳥インフルエンザによる感染死亡例が確認されて以来、被害は拡大傾向にある。世界保健機構(WHO)の報告(26日現在)によれば、これまでに感染が確認された例は3件で、このうち2件が死亡。感染の疑いがあり、経過を観察中の患者は20人以上。

調査チームの派遣は、インドネシア政府からの要請を受けた外務省の決定に基づく。