プレスリリース

パキスタン地震に国際緊急援助隊を派遣

国際緊急援助隊医療チーム派遣および国際緊急援助物資供与

2005年10月09日

パキスタンで発生した大地震に対し、国際協力機構(JICA)は10月9日(日)の国際緊急援助隊救助チームの派遣に引き続き、10月10日(月)に国際緊急援助隊医療チームをパキスタンへ派遣する。今回の派遣は日本政府の決定を受けて実施するものであり、被災地における医療活動にあたる。

1.国際緊急援助隊医療チームのフライト・スケジュール
10月10日(月)11時00分発 成田→バンコク 同日15時30分着(TG641)
同 日 20時00分発 バンコク→ラホール 同日22時40分着(TG505)
その後、陸路で被災地へ移動。

2.結団式
日時:平成17年10月10日(月) 午前9時30分から
場所:成田空港第2ターミナル第2駐車場ビル(南)団体待合室P-3

3.医療チーム(21名)
団長:大阪府立千里救命救急センター所長 甲斐達朗(カイ タツロウ)以下、外務省、医師、看護師、薬剤師、医療調整員、JICAおよびJOCAで構成

4.物資供与
テントや毛布など2500万円相当の物資をロンドン備蓄倉庫からイスラマバードあてに輸送する。