プレスリリース

パキスタン地震災害 国際緊急援助隊自衛隊部隊のサポートに元青年海外協力隊を派遣

2005年10月14日

パキスタンで発生した大地震に対し、国際協力機構(JICA)は10月15日(土)、国際緊急援助隊救助チーム、国際緊急援助隊医療チーム派遣に引き続き、自衛隊部隊を支援するため青年海外協力隊のOB・OGからなるサポートチームを派遣する。

自衛隊部隊を業務調整面でサポートするのは、かつて青年海外協力隊員としてパキスタンで活動した隊員OB・OGで、ウルドゥー語が話せるうえ、2年間の隊員生活を通じてパキスタンの文化や生活にも精通しているため、部隊の活動を支える大きな力になると期待されている。

サポートチームの第一陣の4名は10月15日から10月30日まで、第2陣の4名は10月27日から11月12日までの予定で活動する。

JICAでは今年1月のインドネシア地震・津波災害時の自衛隊部隊派遣時にも、元青年海外協力隊員に協力を求め、サポートチームを派遣。元隊員たちは現地で民家の提供を受けながら部隊の医療活動や防疫活動を支援した。