プレスリリース

イラク・ムサンナー県から医療関係者11人が来日

医療機材の保守管理を学ぶ

2007年01月29日

独立行政法人 国際協力機構(JICA)は、イラク南部のムサンナー県サマーワ市の医療関係者11人を日本に招き、1月30日(火)から3月9日(金)まで、医療機材保守管理の研修を実施する。

来日するのは、サマーワ総合病院やサマーワ母子病院などムサンナー県の医療の中核を担う複数の医療機関に所属する医療機材エンジニアや検査技師、ムサンナー県保健局所属の検査技師ら。防衛省および企業の協力を得て研修を行い、医療機材の保守管理実務全般の知識や修理技術の習得など医療機材の保守管理の方法を修得してもらう。

ムサンナー県は、医療機器の不足が深刻な状況にあったため、サマーワ市の医療機関に対して、日本のODAなどにより、多くの医療機材が供与されている。現在、それら機器を保守管理する医療関係者の育成と能力向上のニーズが高まっているため、今回の研修が行われることになった。研修で、供与された医療機材がさらに効果的に活用され、同県の医療サービスの向上につながることが期待されている。

保健医療分野の協力は、電力、教育、水・衛生などと並んで、イラク国民の生活基盤の再生に重要なもの。JICAは、2003年度から現在まで、日本で計92人、第三国のエジプトで計475人の医療関係者に対して、医療分野の研修を実施している。