プレスリリース

アフリカ3ヵ国へ「水の防衛隊」ボランティアなど派遣に向けたニーズ調査

TICAD IV横浜行動計画(安全な水)への取組みを開始

2008年08月01日

1.外務省とJICAは、5月の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)において福田総理が表明した「水の防衛隊(注)」に関してボランティアなどを派遣するためのニーズ調査を目的に、8月2日(土)から17日(日)までタンザニア、エチオピア、セネガルに調査団を派遣する。調査団は廣木重之外務省国際協力局審議官を始め、JICAアフリカ部、地球環境部、青年海外協力隊事務局の職員および国際協力専門員の計7名から構成される。

2.調査団は現地の上水道の現状やJICAの関連協力に関して調査するほか、関係政府機関などから情報収集を行い、青年海外協力隊、シニア海外ボランティアおよび技術者を「水の防衛隊」として派遣するためのニーズと具体的な支援内容について協議・検討する。

(注)「水の防衛隊」
5月28日TICAD IV開会式演説において福田康夫総理大臣が表明したもの。JICAは、同演説および横浜行動計画を踏まえ、アフリカ地域において、より多くの人々が安全な水を安定的に入手することを可能にするため、青年海外協力隊・シニア海外ボランティア及び調査団等により技術者を派遣する予定。