重症急性呼吸器症候群(SARS)関連情報

中国へ赴任される皆様へ

平成15年6月27日
派遣支援部長
(健康管理センター)

WHOは、6月24日、中国全土の「SARS伝播確認地域」および「渡航延期勧告地域」の指定を解除しました。しかし、これは、中国からSARSが消滅したことを意味するものではありません。

現在、中国では、マスクをする人も少なくなり、日常生活の状況も平常にもどりつつありますが、これから中国へ赴任される皆様におかれましては、SARSやその他の感染症に罹患しないよう下記の事項に十分注意して頂くようお願いします。

また、事務所との連絡を密にし、情報収集して頂くよう併せてお願いします。

1.日常生活において、以下の点には十分ご注意ください。

  1. なるべく人ごみには近づかない。 特に高齢者や慢性病を持っている人、疲労のある人、睡眠不足の人は、人混みや繁華街への外出を控える。
  2. 室内の換気を良くする。
  3. 石鹸でまめに手を洗う。(特に重要です)
  4. うがいを励行する。(特に重要です)
  5. 抵抗力を保持するため、常日頃からバランスのとれた栄養を心掛け、休養を十分とり健康に留意する。 また、規則正しい生活に努める。
  6. 生水や生ものは極力避け、その他の感染症に罹患しないようにする。

2.SARSやインフルエンザに似た症状が地域に流行していないか注意を払い、流行の兆しがあれば直ぐに事務所に報告し指示に従ってください。

以上