現在の場所は

第一勧業信用組合と連携促進のための覚書を締結-企業の海外展開支援を更に強化-

2020年3月31日

独立行政法人国際協力機構は、2020年3月30日、第一勧業信用組合との間で、「業務連携・協力に関する覚書」を締結しました。

これまでJICAは、開発途上国の政府関係機関とのネットワークを強みとし、中小企業・SDGsビジネス支援事業等を通じて、企業の海外展開支援を実施してきました。このたび、東京都内、千葉県市川市及び浦安市を営業エリアとして創業支援、地方創生及びソーシャルビジネス支援などに積極的に取り組んでいる第一勧業信用組合と連携し、企業の海外展開支援を更に強化すべく、覚書を締結いたしました。

この連携により、同組合が有するネットワークや各種金融サービスを活用して、JICAが運営する途上国への海外事業展開を検討、あるいは予定している民間企業に対して一層充実したサポートを行い、途上国の経済・社会開発、日本企業の海外展開並びに日本国内の地域活性化が促進されることが期待されます。主な連携内容は下記の通りです。

「業務連携・協力に関する覚書」における主な連携内容

  • 地域内、国内外における経済情報、途上国における情報、域内中小企業の事業活動動向等に関する情報の交換および共有
  • 海外展開を志向するお取引先に対する進出支援の協力

JICAは今後も関係機関との連携を深め、中小企業を含む我が国企業の技術を活用した海外ビジネス展開へのサポートを通じ、途上国の開発課題の解決に貢献します。

過去のお知らせ

案件事例検索

採択案件の詳細情報をご紹介。

案件検索ページへ